DAYTRIPPER

天体写真を中心に気ままに更新していきます。

二重星団_h+χ

カリフォルニア星雲を撮った日にオマケで撮った二重星団です。

h_χ

タカハシε-130D (430mm F3.3)
EOS KissX3_冷却改造_IR除去(外気温0℃から-20℃冷却、HEUIB-IIフィルター)
Newアトラクス赤道儀 (K-ASTEC改)
OAG9_Lodestar_PHD2ガイド
ISO1600 180sec×31 (露出時間1時間33分、ダーク12枚、フラット32枚)
茨城県笠間市 2017.11.12 1:41~
Photoshop/StellaImage
トリミングあり


反射星雲をまとっているすばると違って、星雲のない星団は難しいですね。全然輝きが感じられません。

スパイダーの光条がもっと伸びればいいのですが強調が足りなかったかもしれませんね。


拡大版もアップしておきます
h_χsq


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/03(日) 20:28:36|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バラ星雲

先々週撮ったバラ星雲です。
まだイプシロンで撮ったことがなかったので撮りました。

12/4再処理
バラ星雲再処理jpeg1

バラ星雲再処理jpeg




タカハシε-130D (430mm F3.3)
EOS KissX3_冷却改造_IR除去(外気温0℃から-20℃冷却、HEUIB-IIフィルター)
Newアトラクス赤道儀 (K-ASTEC改)
OAG9_Lodestar_PHD2ガイド
ISO1600 420sec×31 (露出時間3時間37分、ダーク12枚、フラット32枚)
栃木県栃木市 2017.11.19 01:03~
Photoshop/StellaImage

何の工夫もない日の丸構図ですが、フラットが合わず難儀しました。

早く帰りたかったので現場でフラットを撮らず過去フラットとダーク画像を使ったので当然ですよね。

もっとコントラストつけたいのですがこれ以上強調できませんでした。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/02(土) 19:23:51|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カリフォルニア星雲_NGC1499

先々週、夜半から月が昇るので前半勝負で行って来ました。
北日本に発達した低気圧が居たので、風に備えて鏡筒はイプを選んで、対象は今まで撮ったことのないカリフォルニア星雲を撮りました。
冷却デジカメも修理して今回から復活しました。

Cal-final4.jpg

タカハシε-130D (430mm F3.3)
EOS KissX3_冷却改造_IR除去(外気温0℃から-20℃冷却、HEUIB-IIフィルター)
Newアトラクス赤道儀 (K-ASTEC改)
OAG9_Lodestar_PHD2ガイド
ISO1600 360sec×29, 420sec×1 (露出時間3時間1分、ダーク12枚、フラット32枚)
茨城県笠間市 2017.11.11 21:39~
Photoshop/StellaImage


当日は義兄とそのご友人とも一緒の星見で、久々にカップ麺食べつつ雑談しながら楽しく過ごすことができました。
久々に眼視も少しやりましたが、肉眼で見るのもいいものですね。


肝心の写真は、、色々と問題が出ているのですが、やり直すのは大変なので止めておきます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/20(月) 22:53:41|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

EF24-105mm F4Lの修理

EF24-105mm F4L IS USMを修理、というか調整をしました。

ズームリングが緩くなってしまって、下を向いて撮ろうとするとレンズ自重でズームがテレ側に伸びてしまい、逆に上に向いて撮ろうとするとワイド側に縮んでしまいます。
ズームのロックも無いので肩にカメラぶら下げると、気が付くとテレ側に伸びてしまってます。
image1.jpeg

銀座のキャノンサービスセンターに持って行きましたが、調整には時間もお金も結構かかるとのこと。
買って5年も使い倒しているので、調整可能か思い切ってバラしてみました。

リヤフランジを固定しているビス4本を外します。
image2.jpeg

フランジが浮くので、フランジ外周にあるシールリングを外します。
image3.jpeg

後ろ玉の外周にある黒い樹脂のカバーを後ろ方向に外します(爪で固定されているので力を入れると外れる。ここが一番難関?でした)
image4.jpeg

リヤフランジと樹脂リングを外すと電子基板が見えます。
image5.jpeg

フレキケーブルを全部抜きます。
image6.jpeg

ビス1本緩めると基板が外れます。
image7.jpeg

ズームリング上面が見えるようになり、ズームリングに付いているブラケット(レバー?)を外します。
image8.jpeg

ビス2本を緩めて外したブラケットです。
image9.jpeg

ズームリングを時計回りに廻して、ズームリングにある3か所の切り欠きと本体爪の位相が合えばズームリングを上方に引き抜くことができます。
image14.jpeg

外すと本体側にエプトシーラー モルトプレーンのような黒いスポンジが貼ってありますが、この部品でフリクションを稼いでいるのでしょうか?
image10.jpeg

よく分からないのでズームリングのハマっている本体外周にテープを巻くことにしました。
最初普通のセロファンテープを貼りましたが、薄くて全くフリクションが変わらないので、厚めのビニルテープを2重で巻きました。
image12.jpeg

元通りに組み立てます。
image13.jpeg
ズームリングを回し始める瞬間に若干の重さを感じますが、自重で前玉が動くことは無くなりました。
とりあえず完了です。


(本記事はあくまで私の勝手な調整方法で、単なる備忘録なので、くれぐれも真似をされないようにして下さい)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:カメラ機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/05(日) 23:43:14|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ノーマル6Dですばる


10/1はFS-60CBでも撮りましたが、改造カメラが1台しか無いのでノーマル6Dを使いました。

赤い対象は写らないので、赤系星雲は避けてすばるを撮りました。

Final6_201710222051199ab.jpg

タカハシ FS-60CB + レデューサー C0.72× (255mm F4.2)
EOS 6Dノーマル(フィルターなし)
SXD赤道儀_M-GENガイド
ISO3200 180sec×2、210sec×26 (露出時間1時間37分、ダーク10枚、フラット32枚)
茨城県笠間市 2017.10.1 3:22~
Photoshop/StellaImage


何の工夫もない日の丸構図ですが、やはり255mmにフルサイズだと小さいですね。

分子雲もこの辺が限界でした。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
続きを読む

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/22(日) 19:35:14|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

KENYA

Author:KENYA
【camera】
Nikon FM3A
Nikon D80
Canon EOS Kiss X3
Canon EOS 6D
Asahi PENTAX SP

GPV & CURRENT MOON

CURRENT MOON

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる