DAYTRIPPER

KENYA's pics are opened to the public!

EOS Kiss X3冷却改造(5) 結露防止

次は冷却改造に付いて回る課題、結露です。

自作冷却改造では、イメージセンサーの冷却に成功しても結露や迷光対策が上手く行かず断念してしまうことが多いということを聞いたことがあります。慎重に対策したいものです。

結露対策(防露)には2とおりの方法があるようです。
一つは乾燥空気を強制的にカメラ内に圧送する方法。もう一つはイメージセンサーの前のフィルターを電熱線で温める方法。

自分は前者を選択しました。
理由は、センサーの手前のフィルターは天体改造で全て除去していたのと、せっかくセンサー背面を冷却してもセンサー前面を温めるということに少なからず抵抗を感じたからです。
また、元々電源は別体にするつもりだったので、乾燥空気を圧送するユニットが別体であっても全体のレイアウトに大きな影響が出ないと考えました。

圧送は携帯用エアーポンプを探して購入しました。単一乾電池2本で作動します。
s-RIMG0150.jpg


乾燥空気は、多くの方がやっているように密閉した容器にシリカゲルを入れて作ります。
ポンプから湿った空気は容器上部から入ります。乾燥空気の吐出は容器底部まで差し込んだパイプから抜けるようにしています。湿潤空気より乾燥空気の方が重いのでこの構造にしました。
s-RIMG0151.jpg


カメラへの乾燥空気の注入場所には悩みましたが、フロントエプロンからチューブを差し込むことにしました。
フロントエプロンの左下の角に穴を開けました。
s-RIMG0074_2014061323591406e.jpg

穴と同径のチューブを差し込みます。
s-RIMG0076_201406132359150a4.jpg

カメラ内部では、センサー横に多孔のノズルを付けて、願わくばまんべんなくセンサーに乾燥空気が当たるようにしました。
s-RIMG0085_20140613235916696.jpg


さて、効果の程は全てが完成してテストしてみないと分かりませんが、これで結露防止のシステムとしました。

最終組み立てまであと少しです。

↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:カメラ機材 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/14(土) 22:45:38|
  2. 冷却改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<EOS Kiss X3冷却改造(6) 迷光対策 | ホーム | EOS Kiss X3冷却改造(4) 電源系>>

コメント

EOSの通気口

こんにちは、
EOSのX2とX5で確認したのですが、マイク端子が通気しているようです。たぶん、マイク端子にうまいことチューブを差し込むと乾燥空気を送り込めそうです。
  1. 2015/03/03(火) 09:51:36 |
  2. URL |
  3. DRH #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとう

>DRHさん
なるほど。その方が自然に乾燥空気を送り込めそうですね。
次の冷却改造の時は検討しますね。あるかどうかは分かりませんが(^^;
  1. 2015/03/07(土) 19:05:11 |
  2. URL |
  3. KENYA #0bZMg47c
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puku6931.blog123.fc2.com/tb.php/493-8686e4fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KENYA

Author:KENYA
【camera】
Nikon FM3A
Nikon D80
Canon EOS Kiss X3
Canon EOS 6D
Asahi PENTAX SP

GPV & CURRENT MOON

CURRENT MOON

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる