DAYTRIPPER

KENYA's pics are opened to the public!

M57の傍の銀河

M57ドーナツ星雲の処理が終わりました、というか既に一週間くらい前には終わっていました。

これもガイドエラーを起こすので、露出を150秒に抑えて4枚撮りましたが、それでも自宅に帰って画像を見ると2枚は酷い流れ様で使い物にならず、残りの2枚はまだマシでしたがそれでも流れています。

例によって比較暗合成を使ってガイドエラーを修正しましたが、完全に修正はできません。星像がいびつです。中心星は何とか分かる程度。
s-IMG_8344-45_1.jpg
Orion optics VX10(1200mm F4.8)/EOS KissX3(IR filter less)/LPS-P2/ISO1600,150sec x2pics composition/SXD mount/NexGuide/Stella Image 6.5/Kasumigaura Lake, Japan/14th Apr 2013


ところでこちらの写真でM57のすぐ傍に棒渦巻き銀河があることを初めて知りました。
スペインのカラール・アルト天文台で撮った写真でオリジナル記事も探せました。
http://www.caha.es/the-ring-nebula.html

この銀河はIC 1296というIndex Catalogueの番号が振られているようです(しかしIndex Catalogueって何とも特徴の無いネーミング...)


で、自分の写真に写っているか、星の位置から探索。
sss-IMG_8344-45.jpg
矢印の先にあるかすかな像がIC 1296でしょうか?


しかし、こんなに近い位置に惑星状星雲と銀河が見えるのは珍しいですね。
でも良く考えると、M57までの距離は2300光年で太陽系の近所ですが、IC 1296は2億2千万光年で10万倍遠い距離にあるようです。

1m先にM57があるとすると、IC 1296は10キロ先にあるということです。う~ん途方も無い。


今度はガイドエラーを矯正して銀河の形が分かるくらいにはしたいものです。


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/02(木) 09:28:44|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<英オライオン カスタマーサービス | ホーム | ガイド鏡ブラケット自作でギックリ腰>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puku6931.blog123.fc2.com/tb.php/439-963d44da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KENYA

Author:KENYA
【camera】
Nikon FM3A
Nikon D80
Canon EOS Kiss X3
Canon EOS 6D
Asahi PENTAX SP

GPV & CURRENT MOON

CURRENT MOON

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる