DAYTRIPPER

KENYA's pics are opened to the public!

小惑星 2012DA14 撮れた

布団を出るのが非常に辛かったのですが、滅多にないチャンスなので気合で起きて撮影しました。

撮影場所は家から徒歩1分の小高い丘、というか墓地の入り口です。

南西の空が開けている近所というと、ここしか思い当たらなかったので怖いのを我慢ガマン。
一応お墓に向かって“お騒がせしてすみません”と心の中でお断りして撮影しました(^^;

何処を飛んでいるか良く分からなかったのと、あまりにも眠くて準備不足だったのでとりあえず広角レンズで西の空を固定で撮影。

sss-New10.jpg
AF Nikkor 35mm F2/EOS KissX3(IR filter-less)/LPS-P2/ISO1600, 30sec x5/Stella Image 6/Ichikawa-city, Japan/16th Feb 2013, AM5:23-5:26

おっ、写ってました!
s-New10.jpg

いや~それにしても寒かった。。しかも強風で三脚を手で押さえながらの撮影でした(^^;


ところで2012DA14が45mくらいの大きさですが、昨日ロシアに落ちた隕石の大きさは15mくらいとNASAから発表されていましたね。3倍しか違わないのにはちょっと驚きました。

大きさ45mの小惑星は事前に発見できたけど、15mの隕石は発見できなかった。

このあたりに現在の技術の限界がありそうで興味深いですが、若干の不安を覚えました。


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/16(土) 13:28:27|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<M42とトラペジウム、そしてカード不正使用 | ホーム | M51 子持ち銀河 過去写真と比較>>

コメント

変なものが写ってなくて良かったですね。ww

これだけ科学技術が発達して、はやぶさが何億キロも離れたイトカワからサンプルリターンできるのに、地球のそばの小さな小惑星が、探知出来ないのですよね。仮に探知出来ても衝突を防ぐ方策もなさそうです。

何とかならないものでしょうかねぇ。
  1. 2013/02/17(日) 20:24:08 |
  2. URL |
  3. まるこう #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとう

>まるこうさん
いやいや、既に写っているけど気付いていないだけかもしれませんw

そうですね、惑星探査やサンプルリターンの技術が発達しても地球を守る分野の技術はまだまだなんでしょうね。
でも小惑星衝突による生態系のリセットで繁栄できている哺乳類や人類が、そういう運命に抗うこと自体がひょっとしたら間違っているのではないか?と、ふと思ったりします。

  1. 2013/02/17(日) 23:48:25 |
  2. URL |
  3. KENYA #0bZMg47c
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puku6931.blog123.fc2.com/tb.php/417-937f8d23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KENYA

Author:KENYA
【camera】
Nikon FM3A
Nikon D80
Canon EOS Kiss X3
Canon EOS 6D
Asahi PENTAX SP

GPV & CURRENT MOON

CURRENT MOON

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる