DAYTRIPPER

KENYA's pics are opened to the public!

光軸調整その後...更に課題

主鏡の大きなガタつきが判明したので、思い切ってセルごと外すことにしました。

個人輸入なので日本の代理店ジズ○に相談しても先ず相手にされないでしょうから、自分でやらないことには前に進めません(^_^;)

先ず鏡筒末端のリングを外します。これを外さないとセルが抜けません。
s-RIMG0002_20120813071918.jpg

組み直す時に位置が分からなくなるのでマーキングをしておきます。主鏡セル部品は全て3個もしくは3の倍数個で構成されているので「1、2、3」でマーキングしておけばOKです。
s-RIMG0004_20120813071919.jpg

リングを外しました。
s-RIMG0006_20120813071919.jpg

次にセルを鏡筒に固定しているボルトを外します。M5ボルト3本で固定されています。
s-RIMG0008_20120813071921.jpg

鏡筒内側のセル側は、黒いキューブ状の部分に雌ネジが切ってあり、そこにボルトが固定されています。
s-RIMG0007_20120813071920.jpg

3本のボルトを外して、慎重に主鏡をセルごと鏡筒下から引き抜きます。
s-RIMG0009_20120813071921.jpg

主鏡とセル
s-RIMG0010_20120813072011.jpg

裏面です
s-RIMG0012_20120813072011.jpg

主鏡傾き調整部です。黒いツマミが押し引き調整用ノブで、銀色が固定ボルトです。
s-RIMG0014.jpg

ところでこの固定ボルト、ボルト先端をプレートに押し付けて主鏡の傾きを固定しているのですが、ボルト先端が点当たりするような加工は全く施されていません。切りっ放しそのままです。
s-RIMG0016_17.jpg

案の定ボルト先端が当たるプレート側は円形に線当たりしていて、締め付けると「ゴリゴリッ」という、何とも光学機器らしからぬラフな使用感が楽しめますw
s-RIMG0019_20120813074949.jpg
イギリスはクラフトマンシップが尊重される国じゃなかったっけ?と感じつつ、日本のメーカーでは必ずボルト先端に加工を入れるだろうなぁと思ってしまいました(^^;)
ここは追って点当たりになるようにボルトを改良しようと思います。



さて、白く囲った部品が主鏡背面を支えている“足”です。
先端の白いイモネジがアジャストスクリューで樹脂(おそらくナイロン)でできています。
s-RIMG0015_20120813085443.jpg

3個の主鏡調整ノブを完全に緩めて外すとセルが主鏡側とベース側に分かれます。
s-RIMG0022_20120813072013.jpg

主鏡固定側セル。主鏡を背面から支えている樹脂スクリューは全部で9本あります。
s-RIMG0023.jpg

樹脂スクリューをほんの軽く主鏡に当たる程度に締めていきます。
s-RIMG0024_20120813072300.jpg

9本調整して完了。
これで主鏡を支えている足のガタツキは無くなりました\(^。^)/


さて全部元通りに組み直してレーザーコリメーターで再チェックです。

天頂に向けて調整して、水平にすると、、
あれ? 鏡筒の傾きを変えるとまた光軸がずれます。。
s-RIMG0037_20120813091156.jpg

そんな筈はない、と主鏡を恐る恐る後ろから触ってみると、光軸方向のガタツキは確かに無くなっていますが、光軸と垂直方向の主鏡のガタツキが認められます。

しかも ガコッガコッと 盛大に5mm以上は動いています。。
s-RIMG0029_20120813072301.jpg

うぐぐ、なんちゅうシロモノや、、本当にクラフトマンシップのもとに作られたものなのか!?

しかし今日はここで時間切れ。。

まだまだ調整は必要なようです、、って新品買ったユーザーがここまでやんなきゃいけないのか...(T T)


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/13(月) 10:37:44|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<光軸調整...やっと解決と思いました | ホーム | 光軸調整...そして課題>>

コメント

本来ならやらなくてもいい苦労、しかしやってってめちゃくちゃ楽しい苦労、って感じでしょうか(笑。 あっちを直せばこっちがずれ、こっちを直せばあっちがずれ……。いろんなことに、一喜一憂している姿が目に浮かびます。
 でも、この苦労を経て、シャキーンとするどい星像をみたら、きっと、ものすごく感動するでしょうね。その報告、楽しみに待ってます。あっ、そのまえに調整の続きが気になります(笑
  1. 2012/08/14(火) 11:16:13 |
  2. URL |
  3. 阪神ファンいっこう #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとう

>阪神ファンいっこう さん
まさに機材いじりは天文趣味の醍醐味の一つですよね。
人それぞれに創意工夫が異なっていて個性が出るところなので、他の人のやり方を見ていても楽しいです。

できれば新品をバラしたくなかったのですが、いつかは通らなければいけない道なので、早めに学習できて良かったと無理やり自分を納得させています。

しかし、英オライオンはここまで手のかかるジャジャ馬とは思っていませんでした。ED80Sfが子羊に思えてきます(^^;)
  1. 2012/08/14(火) 21:36:28 |
  2. URL |
  3. KENYA #0bZMg47c
  4. [ 編集 ]

なかなか一筋縄に行きませんねー。
しっかりネジも締めたのに何が原因なんでしょうかね。

ベースと鏡筒との固定部が甘いのでしょうか?

続きが気になりまーす。
  1. 2012/08/15(水) 08:53:16 |
  2. URL |
  3. まるこう #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとう

>まるこうさん
気にしだすとキリが無いのかもしれませんが、やはり機材の持っているポテンシャルをフルに発揮したいですよね。貧乏性なので、すぐ勿体無いと思ってしまいます。

続きは 一応大体はうまく行ったのですが、まだ完全ではなさそうです(^^;)
  1. 2012/08/15(水) 15:38:11 |
  2. URL |
  3. KENYA #0bZMg47c
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puku6931.blog123.fc2.com/tb.php/380-01456467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KENYA

Author:KENYA
【camera】
Nikon FM3A
Nikon D80
Canon EOS Kiss X3
Canon EOS 6D
Asahi PENTAX SP

GPV & CURRENT MOON

CURRENT MOON

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる