DAYTRIPPER

KENYA's pics are opened to the public!

球状星団M3 & 震災の今後

震災の状況はまだまだ予断を許さない状況です。

原発事故のリカバリー、安否不明者の捜索、支援物資の調達や補給ルートの確保、避難者の健康維持、仮設住宅建設、壊滅した町の瓦礫撤去と整地、ライフラインの復旧etc、ASAPでやらなければいけないことばかりです。

また、今後の津波対策をどのようにするのか、という課題は頭が痛いと思います。被災した人達は、愛着があるでしょうから元々住んでいた場所にまた家を建てたいと言うでしょう。
行政が何と言うのか。「危険だから住むな」と言うのか、「住むのはご自身のリスクでどうぞ」と言うのか、「さらなる津波対策を講じるのでリスクは低くなるので頑張って住んでください」と言うのか。

数十年後か数百年後には、また巨大な地震と津波は来るのは三陸の宿命だし、日本の宿命です。
あの津波がまた襲って来た時に対応できる防波堤が造れるのか、被害を小さくする市街地の構造をとれるのか、注目したいです。

とえらそうなことを言っても、無力な自分は被災地への直接的な支援はできないので、節電や義援金という形で間接的な支援を地道にやっていこうと思います。


---------------------------------------------------

球状星団M3です。

球状星団は銀河系の周りに点在している古い恒星の集団で、お互いの引力によって数十万個の星が密集していますが、正直M3のことをよく知らないので調べてみました。( )内は自分がしみじみ理解するための補足です。気にしないでください。

星座   :りょうけん座(猟犬座ってマイナーだけど前回の子持ち銀河含めメシエ天体を5個も持っているんですね)
視直径 :18’(満月の6割程度の大きさです)
実直径 :180光年
距離   :3万4千光年(ネアンデルタール人がいた頃の光が現在見えていることになるようです。遠い昔のようですが地球の46億年の歴史から言うと極々最近ですね)


で、肝心の写真は、、

s-M3.jpg
ED80Sf/0.85レデューサー(合成F6.4/510mm)/EOS KissX3(ISO800/120sec×3枚コンポジット)/SXD赤道儀/NexGuideオートガイド/ステライメージ6/千葉県印西市/2011年3月6日

これも5枚撮りましたが2枚がガイドエラーで、マシな3枚のコンポジットです。
それでも星像はいびつになってしまいます。

NexGuideは本体とCCDが一体となっていてガイド鏡接眼部に付いていますが、本体にケーブルが3本も付いています(電源ケーブル・コントローラーケーブル・オートガイドケーブル)。
おそらくこれらのケーブルを介して振動や力がガイド鏡に伝わるために、ガイド鏡視野内でガイド星が微妙に動き、NexGuideが誤補正信号を赤道儀に送ってエラーを起こしているものと推測します。

ガイド精度を上げるために420mmと短いガイド鏡の焦点距離を伸ばしたいと考えていましたが、誤補正が増長されるので悩ましいです。
むやみにケーブルやコントローラに触るべきではないですね。

あとガイド鏡を自由雲台でマルチプレートに載せていますが、所詮カメラ用の自由雲台なので雲台の剛性不足も原因の一つと考えられます。

まだまだ改良点だらけだし勉強も必要です(^^;

↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/19(土) 11:58:56|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<銀塩写真 さくら | ホーム | NexGuideで子持ち銀河>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puku6931.blog123.fc2.com/tb.php/292-0bcbd41b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KENYA

Author:KENYA
【camera】
Nikon FM3A
Nikon D80
Canon EOS Kiss X3
Canon EOS 6D
Asahi PENTAX SP

GPV & CURRENT MOON

CURRENT MOON

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる