DAYTRIPPER

KENYA's pics are opened to the public!

皆既日食@中国-3日目・日食当日-

いよいよ7月22日皆既日食当日の朝。
意を決してホテルの部屋のカーテンを開けたところ・・・杭州の空はまっしろ、、。いつ雨が降り始めてもおかしくないくらいの曇天です。
「やっぱりな。曇り時々雨の予報だったからな...」と思いつつ、太陽がどこにあるかも分からない状態って...こりゃ完全にアウトだな。
ちなみに日食開始1時間前はこんな曇天でした。
cloudy.jpg

6時半にバスに乗り観測場所まで移動。気を紛らすために杭州の人々の出勤風景をひたすら撮ってました(^_^;)
commute in Hangzhou
今中国で爆発的に普及している電動自転車、うらやまし~。

観測場所の西湖ほとりの公園に着き、ひょっとしたらという期待を持ちつつとにかく機材の組立です。
ケンコー製激安望遠鏡(f=700mm望遠です)にD80を取り付け、赤道儀の極軸を合わせます。別に長時間露出する訳では無いので、緯度と方位磁石から適当に もとい、適切に合わせました。写真屋さんの如く、黒いポンチョを遮光布代わりにD80にかぶせます。これを頭に被るとファインダーは良く見えますが、上半身サウナ状態になるので汗だくに...。余談ですが今回の旅行で体重が3kg近く減りました。
バランスウェイト側には動画用のデジカメを自作雲台で取り付けます。日食は刻々と変化する天文現象なのでどうしても動画で撮りたいと思い立ち、雲台を出発1週間前に自作しました。
部分日食の撮影にはこれも枠を自作したアストロソーラーフィルター(望遠鏡の先に付いてるアルミホイルのようなフィルターです)を使います。
telescope.jpg
ところでこの望遠鏡、出発10日前にネットで1万数千円で買った中国製のシロモノ。カメラ除くと2万円でおつりが来る激安装備です。Viva,made in China! Viva,DIY!

Iさんから差し入れされたビールを飲みつつ待ってると、第一接触30分前くらいから空に変化が!なんと空が明るくなり始めました!もしかしてと思い、明るくなった雲間に望遠鏡を向けるとハッキリとはいきませんが、太陽の輪郭が分かります。 いけるかも!
日本の奥さんからも「晴れるように祈ってるよ~」とのメールが。こてつとこなつ(我が家のワンコ)も祈ってくれているそうです。このまま晴れてくれ~(祈)

そして曇ったまま第一接触(欠け始め)を迎えましたが、雲間から怪しく右上が欠けた太陽の姿が覗きます。これから太陽が完全に隠れてしまうと考えるとゾクゾクします。
partial_1.jpg
写真を撮り始めますが、予め計画したシャッタースピードとISO感度が全く使いものになりません。雲に太陽が隠れている時はフィルターを付けると真っ暗で何も写らず、かといってフィルターを外して撮ろうとすると、雲間から太陽が覗き強烈な光が差します。

汗だくになりながら四苦八苦して写真を撮り続けて食が7割くらい進んだ頃にはぶ厚い雲は少なくなり薄曇りになっています。
また日食が進行して周囲の光量は極端に少なくなり薄暗くなりますが、夕暮れのぼんやりとした物の見え方とは異なり、暗いのに物がハッキリとコントラストが付いて見えます。ちょうど満月の夜のような見え方かな。
partial_2.jpg



そしていよいよ三日月の形をした太陽もやがて糸の様に細くなり、その瞬間が!!!!!




ブラボー!!!!!!!!

DSC_0172.jpg
すごい、すご過ぎる!

歓喜と興奮の大歓声が上がり、中国人の子供達が走り廻ります。(望遠鏡倒さないでくれよ)
黒い太陽が空にポッカリと不気味に浮かぶ様は一生忘れられない光景になりました。

自分はというと、年甲斐もなく「あー!」とか「おゎー!」と叫んでしまい、何故か笑ってしまいます。今回のツアーで知り合ったTさんも「ヤベー、ヤバ過ぎる!」と言いながらすぐ後ろでヘラヘラ笑ってます。
どうやら人間は本当に凄いものを見て感動すると笑っちゃうようですね。

一方写真はというと、カメラの液晶がまっ暗で見えなくなったのと、興奮で思考が停止してしまい露出が分からなくなり、最初の1分間はシャッター押しても全く何も写りませんでした(^_^;)
「写真バッチリ撮って来てね」と言っていた部長の顔が頭をよぎり焦りに拍車がかかります

やっと冷静になり、皆既の写真を十数枚撮りました。ふぅ~。

あとで気付きましたが、プロミネンス(太陽の炎)もちゃんと写ってましたよ。
prominence.jpg



そうこうしているうちに、もう月の右上が明るくなって来ました。「ヤバイ!ダイヤモンドリングが来る!」と連写モードに切り替え、連写に入った途端に、


キターーダイヤモンドリング!!!

diamond ring
月の縁で爆発が起こったように強烈な光が押し寄せ、ファインダーを覗いていられなくなり我に返ります。 慌ててフィルターを付けましたが、数秒の出来事でした。

終わった後は、暫く放心状態で、Tさんと「見れてよかったねぇ~」とやっぱりヘラヘラ笑ってました。

おっと、動画も撮ったので長いけどよかったら見てください。人々の興奮がよくわかります。


その後最後まで撮るつもりで部分日食を撮っていましたが、第4接触(日食の終わり)が終わらない内に、ガイドさんから昼食に行くのでバスに戻れと指示があり、あえなく撤収です。日食ツアーのくせして最後まで見ないんかい! 最後まで撮らせろ~と思いつつ「でも見れたからいっか」 笑


ランチは皆さんと(コロナビールとはいきませんでしたが)中国ビールで乾杯です!
く~~ウマイ !
beer.jpg

皆さん、半ば諦めていた皆既日食を見ることが出来たという安堵感と、まだ冷めやらぬ興奮で自然と話が弾みます。そこには貴重な体験を共有したという一体感があり、気付けば自然と仲良くなっていました。

昼食後、杭州市内の清代に建造された豪邸を観光し上海に向かうバスに乗った直後から大粒の雨と強風が! バスが雨漏りするくらいのどしゃ降りです( ̄▽ ̄)
この雨が日食中に降っていたらと思うと本当にぞッとしますが、このツアーは本当にツイていました(^o^)v
pouring.jpg

夜は上海で上海雑技団を堪能し、ウマイメシ食って、日食写真&動画鑑賞会で盛り上がり結局寝たのは2時でした。
いや~密度の濃く長い一日やったなぁ~、おやすみ~。


↓ポチッとよろしくお願いします

スポンサーサイト

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/08/06(木) 00:50:43|
  2. 日食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<皆既日食@中国-4日目・帰国、、のはずが足止め- | ホーム | 皆既日食@中国-2日目・上海から杭州へ->>

コメント

よかったですね~

グっジョブですね~
チャイナにいった甲斐がありましたね。
オイラも25年くらい前に、ハレー彗星を見にオーストラリアに一人で行ったコトがあります。
現地でバイクを買って、移動しました。
彗星よりオーストラリアの田舎の道やペンギンアイランドの方が印象的でした 爆

  1. 2009/08/07(金) 21:06:13 |
  2. URL |
  3. KD #SER0uc62
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます

>KDさん
日本の島ツアーの抽選に外れたのが結果オーライになりました。
前厄なのに反動が怖い...(^^;

KDさんが彗星求めて海外一人旅とは、ちょっと意外かも。
バイクを現地調達とはさすが豪快ですね。
しかし最近だと思っていたハレー彗星がもう25年前とは、、。

オーストラリアも行ったことないんで行きたいなぁ。
おっと、3年後に皆既日食ありますね。
  1. 2009/08/08(土) 07:30:06 |
  2. URL |
  3. KENYA #0bZMg47c
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puku6931.blog123.fc2.com/tb.php/1-67244e93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KENYA

Author:KENYA
【camera】
Nikon FM3A
Nikon D80
Canon EOS Kiss X3
Canon EOS 6D
Asahi PENTAX SP

GPV & CURRENT MOON

CURRENT MOON

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる