DAYTRIPPER

KENYA's pics are opened to the public!

ドローチューブ交換 & 異動

英オライオンのジョンさんからNGだったドローチューブが届きました。

メールをしたのが5月3日で届いたのが5月14日なので2週間経たずに届きました。
photo1_20130525224939.jpg

中身はドローチューブ以外にも、2インチアダプターと2インチ→1.25インチアダプターまで入っていました。
photo2_20130525224941.jpg
以前も2インチ→1.25インチアダプターを送ってもらったことがあったのでこれで3個目。そんなに要らないんですが...(^^;
交換方法の取説やメモは一切無し。しゃーないか。


ちゃんと2インチアダプターが入ることを確認。
photo3.jpg
内径を測定して選定して送ったんでしょうね。ジョンさんに感謝

さて交換作業
フォーカサーの下のネジを緩めて行くとドローチューブが抜けました。
RIMG0039_20130525224944.jpg


ドローチューブが抜けた状態。
テフロンチップが見えます。低フリクションにしたい部分には、ローラーよりも軽量化を考慮してテフロンチップを多用しているようですね
RIMG0037.jpg


新品ドローチューブを差し込んであっさり交換終了
2インチアダプターもちゃんと入ります。
RIMG0041.jpg
ドローチューブ変更したから光軸が僅かにずれている筈。満月期だしゆっくり直しますか。


おっと来週から部署異動で勤務地が変わりますが、通勤時間が1時間くらい短縮されるので喜ばしい反面、今まで経験したことのない分野なのでちょっと(というかかなり)心配。。
う~む、がんばろ

↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/25(土) 23:50:13|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

原付修理

とても堅くて使いものにならなかった原付バイクのキックペダルを修理しました。単なる備忘録です。

問題のホンダ スマートDio(AF56)。1年以上前にヤフオクで千葉県内の業者さんから中古で買いました。
s-RIMG0027_20130506122806.jpg

震災用として帰宅難民にならないように、勤務先最寄駅に駐輪してあったもので、このGWに車に積んで持って帰って来ました(リアシートを外さないと積めなかったのでそれが大変でした。。)
photo_20130506134903.jpg

問題のキック。堅い上に一旦下がったら戻って来ません。手か足で渾身の力でやっと戻ります。
s-RIMG0028_20130506122809.jpg

エアクリーナーケースを外さないとプーリーケースが外せません。
エアクリーナーもかなり汚れてるので交換しなきゃね。
s-RIMG0030_20130506122812.jpg


外したプーリーケース裏側にキック機構が取り付けられています。
扇型のギアがキックペダルに直結していて、右側に付いているドリブンギヤを回す仕組みです。
このドリブンギヤはフロント側のプーリーを回すようになっていて、そのプーリーと同軸のクランクが回る仕組みです。s-RIMG0031_20130506122815.jpg
おそらくドリブンギヤの固着でキックペダルが堅くなっていると思われます。

ギヤデフォルト位置。組み上げる時に分からなくならないように写真に撮っておきます。
s-RIMG0034_20130506140107.jpg


ペダルシャフト外側のサークリップを外して、扇型のギヤごとシャフトを抜きます。
サークリップ外しは持っていないので、100均で買ったラジオペンチの先を円筒状に加工しました。
s-RIMG0036_20130506122928.jpg

バラバラになりました。
s-RIMG0037_20130506122931.jpg

パーツクリーナーで汚れを洗浄していきます。
s-RIMG0040_20130506122933.jpg

キレイになりました。
s-RIMG0041_20130506122936.jpg

あとはグリスを塗って(といってもグリスが無かったのでオイルを多量に注して)元通りに組み立てるだけです。
s-RIMG0042.jpg
ギヤのデフォルト位置は、ギヤを組み付けると自動的にこの位置になるので分解前の写真はあまり意味がありませんでした(^^;

さて元通りに組み上げて完成!
キックレバーの角度はキックし易いように、わざとかなり上向いた角度にしました。
s-RIMG0043_20130506123007.jpg

ところで、調整ができないペダル部分の角度ですが、かなり下側に傾いてしまっています。
これだとキックする足がペダルからずっこけやすく、非常にキックがし辛いです。
ヤマハはこの部分は違う構造になっていて下側に傾くことは無いのですが、今のホンダの原付は改善されているのでしょうか。
s-RIMG0044_20130506123242.jpg

さて、試しにキックすると勢い良くエンジンが掛かりました。ペダルの戻りも良好です(^^)v

↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/05/06(月) 14:27:11|
  2. HOW TO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三裂星雲M20 ― Trifid Nebula ―

GW10日目。
無駄に連休が長くそろそろ社会復帰が危うい領域に入ってきました。
半強制的に有給休暇を取らされるのも考えものです。


3週間前の三裂星雲。
例により露出不足とガイドエラー修正画像です。でも無理やり4枚合成。
IMG_8323-25-27-28.jpg
Orion optics VX10(1200mm F4.8)/EOS KissX3(IR filter less)/LPS-P2/ISO1600,150sec x4pics composition/SXD mount/NexGuide/Stella Image 6.5/Kasumigaura Lake, Japan/14th Apr 2013

それにしてもさそり座・いて座の対象は南天の光害の少ない場所で撮ってみたいものですね。

近くだと南房総とか南伊豆かなぁ


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/05(日) 23:27:33|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英オライオン カスタマーサービス

今日(正確には昨日)VX10に新たな問題が発生。

先日笠井から購入したコマコレクターを装着しようとしたところ、、入りません。。

入りそうで入らない。

思い切り押し込むと何とか入った。

2~3回出し入れしたがそれでも非常にきつくて力任せに押し込むと入る。そんな状態。

ドローチューブ内径を見ると楕円径になっているようで垂直方向にのみが白くなっていて当たっていることが分かる。
s-RIMG0009_20130504000328.jpg

これは精度が怪しいと思いノギスで内径を測った。
s-RIMG0014_20130504000330.jpg

まずは水平方向。
Horizontal_1.jpg
50.8mm。ジャスト2インチ。
公差がどのように設定されているか不明ですが、まあ良しとするか。

次に垂直方向。
Vertical_1.jpg
50.6mm。2インチない、これはマズかろう。

他に持っていた外径2インチアダプターを入れようとしても、やっぱり入らない。

こりゃ駄目だ。

早速、英オライオンのジョンさん宛てにこれらの写真を添付して“内径がちゃんと出てないから新しい接眼部を送って下さい”とのメールを送った。
いきなり代替品を送れと言っても無理かな?と思ったが、先ずはこちらの主張を明確に言っておかないとメールじゃ伝わらない部分が多いですからね。

このメールを送ったのが、17:00ちょうど。

そしてジョンさんから返信メールが届いた。時間は17:56。早っ、1時間経ってない!

内容は、

Hello Kenya,
Sorry for the problem. A new draw tube is already on its way.
Regards
John

お~、もう新品を送ってくれるということか!? 素晴らしい対応! カスタマーサービスの鏡!

以前お客様相談センターの仕事をしていたことがあるので分かりますが、顧客の期待値を超える対応を迅速・的確に実行するのが理想です。
今回のジョンさんの対応はそれに完全に当てはまっていました。素晴らしい!


と、ちょっと待て。

今回接眼部(Ass'y)を送って欲しい、と書きましたが、ドローチューブを既に送った、と書いてある。

ということは、単品で送られてきたドローチューブを自分で交換しなきゃいけないということか!?

う~ん。
ま、到着を気長に待ちますか


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/04(土) 00:42:01|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

M57の傍の銀河

M57ドーナツ星雲の処理が終わりました、というか既に一週間くらい前には終わっていました。

これもガイドエラーを起こすので、露出を150秒に抑えて4枚撮りましたが、それでも自宅に帰って画像を見ると2枚は酷い流れ様で使い物にならず、残りの2枚はまだマシでしたがそれでも流れています。

例によって比較暗合成を使ってガイドエラーを修正しましたが、完全に修正はできません。星像がいびつです。中心星は何とか分かる程度。
s-IMG_8344-45_1.jpg
Orion optics VX10(1200mm F4.8)/EOS KissX3(IR filter less)/LPS-P2/ISO1600,150sec x2pics composition/SXD mount/NexGuide/Stella Image 6.5/Kasumigaura Lake, Japan/14th Apr 2013


ところでこちらの写真でM57のすぐ傍に棒渦巻き銀河があることを初めて知りました。
スペインのカラール・アルト天文台で撮った写真でオリジナル記事も探せました。
http://www.caha.es/the-ring-nebula.html

この銀河はIC 1296というIndex Catalogueの番号が振られているようです(しかしIndex Catalogueって何とも特徴の無いネーミング...)


で、自分の写真に写っているか、星の位置から探索。
sss-IMG_8344-45.jpg
矢印の先にあるかすかな像がIC 1296でしょうか?


しかし、こんなに近い位置に惑星状星雲と銀河が見えるのは珍しいですね。
でも良く考えると、M57までの距離は2300光年で太陽系の近所ですが、IC 1296は2億2千万光年で10万倍遠い距離にあるようです。

1m先にM57があるとすると、IC 1296は10キロ先にあるということです。う~ん途方も無い。


今度はガイドエラーを矯正して銀河の形が分かるくらいにはしたいものです。


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/02(木) 09:28:44|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KENYA

Author:KENYA
【camera】
Nikon FM3A
Nikon D80
Canon EOS Kiss X3
Canon EOS 6D
Asahi PENTAX SP

GPV & CURRENT MOON

CURRENT MOON

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる