DAYTRIPPER

KENYA's pics are opened to the public!

ハミ出し 北アメリカ星雲

北アメリカ星雲を撮ってみましたが、この光学系ではレデューサー付けてもはみ出して画角に入り切りませんでした。。


フルサイズCMOSの5DMarkⅢだったら入るんでしょうが、とても天体改造する勇気はありません(その前に買えないし、、)

IMG_6813-14-15-16_3_650.jpg
ED80Sf/0.85レデューサー(F6.4/510mm)/EOS KissX3改(ISO1600/360sec×4枚コンポジット)/SXD赤道儀/LPS-P2フィルタ/NexGuideオートガイド/ステライメージ6/筑波山/2012年8月26日


しかし、赤い星雲は難しい。画像処理しているうちにどの様な赤色にすべきか分からなくなります。。

眼視じゃ赤く見えないんだから仕方ない.......と思うことにします(^^;


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/30(木) 23:17:18|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

M27亜鈴状星雲 と 北天の職務質問

お盆を過ぎてからやっと夏らしい天気になって来ました。

初夏に撮れなかったメジャーな対象を撮りに昨夜再び筑波山へ。今回は星友Tさんにも声を掛けてプチ観望&撮影会です。

セッティングしていると例の如く一台パトカーが近付いてきて、警官が2人降りてきた。

警 「何やってんですかぁ?(茨城弁)」
私 「これから星を観るんです」
警 「へぇ、いつもここで観てんですかぁ?(茨城弁)」
私 「そうですね、ここ割と星が良く見えるんで」
警 「えっと、北極星どれだっけ?」
私 「えっ。あ、あれですね」
警 「あー、あれね」(懐中電灯の光で指して確認)
私 「あ、そっちじゃないです。その下の方」
警 「あっ、こっちの方!?」
私 「そうです」
警 「北斗七星はどれだっけ?」
私 「今は山に隠れて見えないです」
警 「あー良く分かりました。 もしも暴走族に絡まれたら110番して下さいね」
私 「ありがとうございます」

......去って行った。。

どうやら観測場所はパトロールコースに組み込まれているみたいで、その場所での職質は2回目。
今回は名前も住所も聞かれませんでしたが、北極星や北斗七星の位置を聞かれたのは初めてでした(^^;

セッティングが完了していれば昴でも見せてあげられましたが、着いたばかりだったので残念ながらタイミングが悪かったですね。


さて、先ずは西に傾いた亜鈴状星雲。西は東京の光害の影響が強いのですが、露出を多めに6分取りました。
4枚撮りましたが1枚目と2枚目は星像が若干ブレていたので使うのを断念して、3・4枚目でコンポジット。

IMG_6811-12_1_1.jpg
ED80Sf/0.85レデューサー(F6.4/510mm)/EOS KissX3改(ISO1600/360sec×2枚コンポジット)/SXD赤道儀/LPS-P2フィルタ/NexGuideオートガイド/ステライメージ6/筑波山/2012年8月26日

2枚合成の割には良く写ってくれました。
やはり空の条件が多少は良いので露出時間を長めに取れます。

しかし、1・2枚目のブレは原因不明。。
アスファルトと言えども地面が多少揺れるようなことがあるのかなぁ

↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/26(日) 22:18:31|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

アンドロメダ銀河(1年前の写真と比較)

メダリストパレードの前夜、天気が休暇中で一番良かったのでちょっと足を延ばして筑波山まで行って来ました。

VX10も持って行きましたが、今回は立秋も過ぎて撮り頃になってきたアンドロメダ銀河を撮りに行きました。

セッティングを終えて早速撮るも全くダメ。5分露出で思いっ切り流れました。

極軸が合っていませんでした(^^; 極軸を再度合わせて何とか4枚撮ることができました。

s-IMG_6794-95-96-97_31_20120823232832.jpg
ED80Sf/0.85レデューサー(F6.4/510mm)/EOS KissX3改(ISO1600/300sec×4枚コンポジット)/SXD赤道儀/NexGuide/ステライメージ6/筑波山/2012年8月20日

オートガイドとて、極軸はおろそかにできないですね。
また、4枚目に人工衛星が写り込んでしまいました。。あと、まだ粗いなぁ

さて、丁度一年前の写真があったので比較
s-IMG_6245-47-52_1.jpg
ED80Sf/レデューサー無(F7.5/600mm)/EOS KissX3(ISO3200/45sec×3枚コンポジット)/SXD赤道儀/ノータッチガイド/ステライメージ6/千葉県印西市/2011年9月8日


このときはNexGuideのケーブルを忘れて短時間露出だったのであまり比較になりませんが、やはり空の条件が良いのが多少はマシになった要因でしょうか。

もっと長時間露出してみたいですが、冷却対応が必要ですね。


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/23(木) 23:46:34|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

メダリストパレード@銀座

今日まで夏休みだったので、ミーハーながら銀座のメダリストパレードに行ってみた。

昨夜は星見に行って少し写真も撮りましたが、こっちの方が旬なので(^^;

しかし、オリンピックが始まる前は自分でもあまり興味はなかったつもりでしたが、始まると結構夜な夜な見ちゃいました。特になでしこは見たなぁ


さて銀座には開始2時間前に着きましたが、既に人で溢れかえってます。
松坂屋の前に行きましたが、最前列はおろか前から4列目くらいに並ぶのがやっと。皆気合入ってるな~

それでも1時間前に最前列のフェンスが2メートルくらい更に前に移動されるのですが、そのタイミングで人の密度の少ない場所を狙ってするりと2列目に躍進できました(^^;)
s-DSC_0008_20120820221205.jpg
しかし、そこから立った状態で1時間待たされました。。
星見で寝てない体には辛い......。 でも気力で乗り切りました。



さて、始まりました!

先ずは、槍投げの村上主将と旗手の吉田沙保里さんです。
s-DSC_0025_20120820220556.jpg

レスリング金メダルの小原さん
s-DSC_0040.jpg

レスリング金メダル3連覇の伊調馨さん
s-DSC_0041.jpg

背泳ぎの入江くん
s-DSC_0051_20120820220731.jpg


お目当てのなでしこ。

鮫島ちゃんと左は高瀬かな?
s-DSC_0057_20120820220728.jpg

田中明日菜と川澄ちゃん
s-DSC_0059_20120820220728.jpg

主将宮間!(下向いてくれ~)
s-DSC_0066.jpg

フェンシング太田くんが一番盛り上がってました^^
s-DSC_0070.jpg

女子バレー、左は木村沙織さんですが、ちゃんと撮れてなくて残念。。
s-DSC_0079_20120820220730.jpg
やっぱりバリアングルのデジイチが欲しいなあ

最後に2020年誘致の宣伝車。
s-DSC_0083.jpg
2016年大会の開催地でリオデジャネイロに東京が負けた敗因は東京都民の賛同が得られなかったのが一因と言われてるので宣伝に抜かりはないですね。

北島康介、澤さん、内村くん、卓球女子の3人は反対側で残念ながら見れませんでした。
これだけ沢山の人が来ていて長時間待っているんだからUターンして一往復するくらいのサービスはあってもいいんじゃないの~?と思ってしまいました。
警備上の問題があるんでしょうが、主催者さん次回はご一考下さい。

さて、明日から仕事です。
メダリストに負けないようにがんばろうっと(月並みですが)


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



テーマ:ロンドン五輪 - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/08/20(月) 23:14:45|
  2. Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

くるま と きんせい

一昨日何とか晴れたので印西まで星見に行ってきました。

オライオンVX10で眼視中心でしたが、折角なので写真もちょこっと撮りました。

金星が昇って来たので、車(ミラジーノ)と一緒に撮ってみようとカメラを地面に置いて(ぞんざいな...)超ローアングルで固定撮影^^

SiriusCompで動画にしてみました



静止画です
s-output_comp_2.jpg


車と星のコラボ写真って、何故か妙に引き立て合っていて好きです。

日常的なものと非日常的なものが同一画面に入っているからでしょうか


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/19(日) 12:30:24|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

光軸調整...やっと解決と思いました

背面の樹脂スクリューを調整しただけでは主鏡のガタツキは解決せず、またも主鏡を外すことなりました。

s-RIMG0031_20120813072303.jpg

今回細工をしたのは主鏡外周に120°間隔で付いている3個の主鏡ホルダーです。
半透明のテープに隠れていますが、主鏡背面と同様に樹脂スクリューが付いていて、これで主鏡の水平方向の動きを抑制する仕組みになっています。
s-RIMG0032_20120813072303.jpg

テープを剥がしてみると、、
......横方向はスカスカです。。
s-RIMG0033_20120813072341.jpg
主鏡とホルダーとの隙間は約4mmと言ったところでしょうか?
スクリューの突き出し長さは1mm程度なので、3mm程度隙間があることになります。

これでは、主鏡がセルの中でガコガコ動く筈です。。


スクリューを締めてみましたが、主鏡に達するまでの長さが無いため、主鏡を固定するには至りません。。
(どういう設計でしょうか...オライオンさん!)


ならばと隙間を埋めるための素材を東急ハンズで買ってきました。
s-RIMG0030.jpg
何が使えるか分からないので、厚さ違いのスポンジやフェルトを適当に調達。
鏡筒と主鏡の隙間に補助サポート的にスポンジを詰めることも考えました。

ホルダーを外してスクリューが当たる箇所にマーキング
s-RIMG0037.jpg

2cm四方に切った2.5mm厚のフェルトを貼りました(ピンボケすみません)
s-RIMG0040.jpg

ホルダーを組み直します。
いい感じで主鏡のガタツキを抑制できました。
s-RIMG0043_20120813072422.jpg

さて、主鏡を鏡筒に組み付けて、レーザーコリメーターで再調整です。
s-RIMG0044.jpg

天頂付近で調整して、
s-RIMG0045.jpg

鏡筒を低高度に傾けてもレーザーの照射位置はほぼ変わりません。
s-RIMG0046.jpg

鏡筒後端から手を入れて主鏡を触っても動きません。  ふう、これでひと段落です。

あとは夜を待って星像での眼視確認です。



夜になりました。

さて、ベランダからアルタイルを覗きます。

あれ? これは焦点外像ですが星像の下側がつぶれています。。主鏡ホルダーの爪が1箇所隠れてしまっています。
s-RIMG0047_20120813072425.jpg
隠れている爪は一番最後に締め付けたホルダーの爪です。
そういえば締める時、ちょっとトルクをきつ目に締めないと締まらなかったような気が...。
どうやら、ホルダーの保持力に圧迫されて主鏡が微妙に歪んでしまったようです。


再度主鏡を鏡筒から外してセルをバラしました。
考えた挙句、2.5mm厚のフェルトを半分の厚さにする作戦にしました。
カッターナイフで慎重にフェルト削って行きます。  ほとんどチューニングの世界です(^ ^;)
s-RIMG0049.jpg

これでホルダー組み直し時も、無理なトルクを加えなくても問題なく締まりました。

さて、再度アルタイル。
s-RIMG0057.jpg
オッケーです! 一応つぶれの無い円形になっています。

やっと普通に使える状態にはなったかな?ふう、疲れました。




最後にフラット画像を撮ってステライメージの等光度曲線をチェックする方法がネット上でも紹介されていたのでやってみた。

あれ?
s-等光度曲線3
偏ってる......しかも盛大に、、、 


まだまだ終わりにはしてくれなさそうです。。


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/15(水) 16:46:52|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

光軸調整その後...更に課題

主鏡の大きなガタつきが判明したので、思い切ってセルごと外すことにしました。

個人輸入なので日本の代理店ジズ○に相談しても先ず相手にされないでしょうから、自分でやらないことには前に進めません(^_^;)

先ず鏡筒末端のリングを外します。これを外さないとセルが抜けません。
s-RIMG0002_20120813071918.jpg

組み直す時に位置が分からなくなるのでマーキングをしておきます。主鏡セル部品は全て3個もしくは3の倍数個で構成されているので「1、2、3」でマーキングしておけばOKです。
s-RIMG0004_20120813071919.jpg

リングを外しました。
s-RIMG0006_20120813071919.jpg

次にセルを鏡筒に固定しているボルトを外します。M5ボルト3本で固定されています。
s-RIMG0008_20120813071921.jpg

鏡筒内側のセル側は、黒いキューブ状の部分に雌ネジが切ってあり、そこにボルトが固定されています。
s-RIMG0007_20120813071920.jpg

3本のボルトを外して、慎重に主鏡をセルごと鏡筒下から引き抜きます。
s-RIMG0009_20120813071921.jpg

主鏡とセル
s-RIMG0010_20120813072011.jpg

裏面です
s-RIMG0012_20120813072011.jpg

主鏡傾き調整部です。黒いツマミが押し引き調整用ノブで、銀色が固定ボルトです。
s-RIMG0014.jpg

ところでこの固定ボルト、ボルト先端をプレートに押し付けて主鏡の傾きを固定しているのですが、ボルト先端が点当たりするような加工は全く施されていません。切りっ放しそのままです。
s-RIMG0016_17.jpg

案の定ボルト先端が当たるプレート側は円形に線当たりしていて、締め付けると「ゴリゴリッ」という、何とも光学機器らしからぬラフな使用感が楽しめますw
s-RIMG0019_20120813074949.jpg
イギリスはクラフトマンシップが尊重される国じゃなかったっけ?と感じつつ、日本のメーカーでは必ずボルト先端に加工を入れるだろうなぁと思ってしまいました(^^;)
ここは追って点当たりになるようにボルトを改良しようと思います。



さて、白く囲った部品が主鏡背面を支えている“足”です。
先端の白いイモネジがアジャストスクリューで樹脂(おそらくナイロン)でできています。
s-RIMG0015_20120813085443.jpg

3個の主鏡調整ノブを完全に緩めて外すとセルが主鏡側とベース側に分かれます。
s-RIMG0022_20120813072013.jpg

主鏡固定側セル。主鏡を背面から支えている樹脂スクリューは全部で9本あります。
s-RIMG0023.jpg

樹脂スクリューをほんの軽く主鏡に当たる程度に締めていきます。
s-RIMG0024_20120813072300.jpg

9本調整して完了。
これで主鏡を支えている足のガタツキは無くなりました\(^。^)/


さて全部元通りに組み直してレーザーコリメーターで再チェックです。

天頂に向けて調整して、水平にすると、、
あれ? 鏡筒の傾きを変えるとまた光軸がずれます。。
s-RIMG0037_20120813091156.jpg

そんな筈はない、と主鏡を恐る恐る後ろから触ってみると、光軸方向のガタツキは確かに無くなっていますが、光軸と垂直方向の主鏡のガタツキが認められます。

しかも ガコッガコッと 盛大に5mm以上は動いています。。
s-RIMG0029_20120813072301.jpg

うぐぐ、なんちゅうシロモノや、、本当にクラフトマンシップのもとに作られたものなのか!?

しかし今日はここで時間切れ。。

まだまだ調整は必要なようです、、って新品買ったユーザーがここまでやんなきゃいけないのか...(T T)


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/13(月) 10:37:44|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

光軸調整...そして課題

購入して3ヶ月経ったVX10.
ファーストライトは終えたものの、今ひとつシャープな星像では無かったのが気になりました。

船でイギリスからはるばる日本にやって来たので、光軸の狂いがあることはまず間違いないでしょう。
今のうちに光軸をきちんと合わせて新月期の夏期休暇に活躍してもらうため、土曜日に神田まで行きKY○EIでレーザーコリメーターを購入しました。

セット価格14,800円に釣られコリメーションアイピースとレーザーコリメーター両方を購入。。一応1,800円お得ということか、、

s-RIMG0027.jpg

左がコリメーションアイピースで右がレーザーコリメーターと2インチアダプターです。
s-RIMG0028.jpg

早速コリメーションアイピースの方を装着。
s-RIMG0031_20120805101957.jpg


覗くと、、、あ、早速ずれている。
s-RIMG0029.jpg
各中心が一直線上にずれているので主鏡・斜鏡のセンターにずれはないものの、斜鏡が傾いているとのこと。
斜鏡の押し引き調整ネジを動かして調整します。

これで全てのセンターが重なって斜鏡の傾きは正しく調整されました。
s-RIMG0033_20120805101955.jpg

次にレーザーコリメータを装着。
s-RIMG0043.jpg

主鏡のセンターマークを見ると、、、やっぱりレーザー光がずれている、、。
s-RIMG0035_20120805102155.jpg

斜鏡の調整ネジを動かしてセンターマークの中心にレーザー光が来るようにします。
(さっき斜鏡傾きを調整したのに、また動かしちゃっていいの?とちょっと疑問に思いつつ...)
きちんと合いました。
s-RIMG0036_20120805102155.jpg


次にドローチューブに戻って来る光をセンターに持って来るために主鏡を調整します。
s-RIMG0038.jpg

内側の黒いノブのネジが主鏡セルの傾き調整ネジです。外側の頭が銀色のネジが固定ネジで手以外で締めないように取説に書かれています。
s-RIMG0041.jpg

難なく調整が終わました。

その後、ふと鏡筒を垂直にすると、、レーザー光がセンターから外れて移動してしまうではありませんか!
s-RIMG0039.jpg

セルの固定が甘いのかと思い、固定ネジを手できつく締めましたが、望遠鏡の傾きによってレーザー光が動いてしまう症状は変わりません。

しばらく悩んで、セルの裏から手を突っ込んで主鏡とセルを直接触ってみると主鏡を載せている足の一本が常にぐらついています。

さて困った。。どうやら主鏡がセルにキチンと固定されていないが故に、望遠鏡の傾きによって自重で主鏡がセル上で動いてしまっているようです。

うーむ、課題が残ってしまいましたが今日は時間切れで終わり。

主鏡をセルごと外す必要がありそうです。。
買ったばかりなのに、ちょっと勇気がいります。


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/05(日) 17:10:27|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KENYA

Author:KENYA
【camera】
Nikon FM3A
Nikon D80
Canon EOS Kiss X3
Canon EOS 6D
Asahi PENTAX SP

GPV & CURRENT MOON

CURRENT MOON

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる