DAYTRIPPER

KENYA's pics are opened to the public!

見守りネットワークカメラ設置(カメラ本体編)

見守り、といっても星空ではなくワンコ用です(^^;
昨年のことになりますが、リビングにワンコ見守り用のネットワークカメラを設置しました。

きっかけは震災による計画停電と電力不足による突発停電に対応するためです。

我が家は日中ワンコに留守番させることが多いので、留守番中の様子が気になるのと、地震などで停電になってしまうと特に夏は大変なことになってしまいます。
冬であれば突然停電してもワンコにとっては問題ありませんが、夏の場合はエアコンが停電で止まってしまえば室内の温度が一気に上昇し、暑さに弱いワンコには命に直結する状況になってしまいます。

それで、外出先からワンコの様子が分かるようにすることと、エアコンをON/OFFをできるようにすることが至上命題となりました。


先ずはネットワークカメラを設置しました。

以前は立ち上げたままにしたパソコンにUSBカメラをつけて、LiveCapture2というフリーソフトでお手軽に部屋の様子を見ていましたが、今回はパソコン要らずでスタンドアローンで部屋の様子が分かるネットワークカメラにしました。

選んだのは、パナソニックのBB-HCM715です。
HCM715.jpg

これを選んだ理由はズーム・パン・チルト機能はもちろん、外部出力コントロール機能があることが決め手となりました。
この機能は外部接続機器のON/OFFがコントロールができるので、エアコンのON/OFFもできそうです。
ただし、アキバの最安店でも別売りのA/Cアダプターとセットで結構な値段でした。。
でも、背に腹は変えられません。えいやっ、と投資です、トホ(;´д`)

で、まずはカメラを設置します。
我が家はリビング放し飼い状態なのでリビングに付けるのは決まっていますが、問題は場所です。
最初はエアコンの動きも監視できるようにエアコンの傍に付けようと思いましたが、ワンコの顔が見づらい位置になってしまいます。
いろいろ考えたあげく、リビングに入るドアの上が最適と考えました。ここなら飼い主を待ってリビングのドアの方向をじっと見ているワンコ達の顔が見れるし、エアコンが作動しているのも分かる位置です。

設置方法は付属のスタンドもありましたが、天井から吊り下げる格好となり、しかもプラスチックで強度も心もとないので自作しました。

100均で売ってるブックエンドを使いました。
ドリルで木ネジ用の穴とカメラネジ用の穴を開けます。百円なので失敗を恐れず気楽にできます(^。^)
RIMG0025.jpg

開けた穴を使って、リビングのドア枠に木ネジ4本で固定します。
4本で固定すると結構強固に固定でき、これなら大きな地震が来てもカメラが外れることはないと思います、多分(^^;
RIMG0027.jpg

カメラねじで下からカメラ本体を固定します。写真では分かり辛いですが、ネジ長を合わせるために5mm厚程度の木の合板を台座のようにかませてあります。
RIMG0029.jpg

あとはカメラの接続と設定です。

接続は、A/Cアダプタで電源を取り、有線LANケーブルでカメラとルーターを繋ぐだけです。有線にせざるを得なかったのは、外部出力コントロールできる機種は限られていて、無線接続できる機種は無かったからです(確か)。
ま、有線の方が地震や停電でも何となく安心です。
但し、ルーターとカメラ設置場所が部屋の端から端になってしまったので、20mものLANケーブルが必要となりました。

次に設定です。
パナソニックでみえますねっとPROというWebサービスがありますが、月額料金がかかります。
月額料金がかかる上に、日本にサーバーがあるとしたら地震で最悪サーバーダウンということにもなりかねません。。
なので、海外の無料DNSサービス、DynDNS※を使うことにしました。(※但し、現在は新規登録は有料になっているようで、無料サービスが終わってしまっているようです...)

ユーザー登録をしてホスト名を決めてしまえばOK(だった筈)です(^^;
DynDNS_20120121172528.jpg


あとはカメラの設定です。
付属のCD-ROMをカメラと同じネットワーク上に接続されているパソコンに入れて、カメラにアクセスして設定を行います。

設定タブ→ダイナミックDNS→ユーザー指定ダイナミックDNS画面で、先程ユーザー登録した自分のダイナミックDNSのサーバーURLとユーザー名・パスワードを入力して設定します。
設定

設定完了~

スマホで家の外から登録したURLにアクセスすると、、見えました!我が家の こてつ です^^
(部屋の中は散らかっているので、残念ですが引き画面ではお見せできないです(^^;)
カメラ1

エアコンもちゃんと監視できます。
家の外からパン・チルト・ズーム操作をすれば、カメラの稼動範囲内は何処でも見れますが、予め見たいところを登録しておけばボタン一つで簡単に見ることができます。
カメラ2


いや~めでたし、と思いきや、まだ課題があります。。

DynDNSは、35日間IPアドレスの更新がないとアカウントを削除されてしまいます。
削除されると当然外出先からカメラにアクセスできなくなる訳で、役割を果たしません。

なので、IPアドレスが変わるたびにわざわざ自分でDynDNSのサイトに行って更新作業をしなくてはいけませんが、その作業を自動でやってくれるDiCEという有名なフリーソフトがあります。

これをパソコンにダウンロード&インストールして、週一回のIPの自動更新を設定してしまえば万全です^^
IP更新

無事設置できました~(^.^)b

次はエアコンを何とかせねば。


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/21(土) 18:39:11|
  2. HOW TO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ガイド鏡にスポットファインダー取り付け

ここのところ工作まがいのことばかりやっていますが、ガイド鏡にスポットファインダーを付けてみました。

NexGuideでの撮影手順はおおよそ以下です。
①カメラのピントを合わせる
②撮影対象を撮影鏡に導入
③ガイド鏡のNexGuideを外してアイピースを付ける
④ガイド星を導入する
⑤ガイド鏡のアイピースを外してNexGuideを付ける
⑥NexGuideのセッティングをしてガイド開始
⑦撮影開始

上記の③⑤のアイピースとNexGuideの抜き挿しが面倒だなぁと感じていたので、以前からガイド鏡にファインダーを付けたいと思っていました。そうすればアイピースをわざわざ付けなくてもガイド星を導入できます。


ファインダーは誠報社の特売ワゴンで単品で売っていたビクセンのスポットファインダーです(4.5千円くらいだったかな)。
アリミゾ式台座をガイド鏡の接眼部に何とかくっつけて、そこに固定しようかと考えましたが、何とも大げさで重量もそこそこ掛かります。
ガイド星を視野の中心付近に導入できれさえすれば良く、軽量で簡便な取り付けとしたいのでファインダー脚を自作しました。


材料は、以前カーナビのモニターのブラケットを作った時に買ったステンレスの板で板厚は1mmです。そこに鉛筆でけがいて、金ノコで切ってドリルで穴あけします。
s-RIMG0001_20120107095045.jpg


プライヤーで曲げたりプラハンで叩いて、適当に形を作ります。
しかし、たった1mm厚でもステンレスの板を曲げて成型するのは想像以上に大変でした。硬いんですよね。
s-RIMG0003_20120107095106.jpg

あとは実際に装着して現物合わせです(板金物は現物合わせが重要です)
取り付けるとファインダーがガイドスコープに対してかなり上向きになってしまったので、強引にプライヤーでひん曲げてほぼ平行になるようにしました。
アルファベットのRのような形になっちゃいましたが、見た目はともかく実用上は全く問題ありません(^^;
s-RIMG0007_20120107095129.jpg

で、取り付け完了。自作脚とファインダーの間には、ネジ長合わせでベークライトの4mm厚くらいのカラーを入れてます。
s-RIMG0004_20120107095156.jpg

ちなみに、ガイドスコープをマルチプレートに固定しているのはKTSの自由雲台です。

貧弱そうなので、いつかマトモなものにしようと考えているのですが、ガイド星の導入も楽だし案外強固に固定できるので結局使ってしまっています。

さて、工作ばかりやっていないでそろそろ寒空の下へ行かねば、ってもう満月期ですね。。


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/07(土) 12:08:50|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

X3手術

日本では必須となってしまったのでしょうか?、光害カットフィルターLPS-P2を年末29日の誠報社でついに購入しました。

しかし、あんな小さなフィルターとアダプターが2万ン千円とは、小遣い制の自分には安くない買い物でした(原価なんか知れてるだろうに、少量生産の天文機材だから仕方ないのか??)

更にデジカメのIR改造も一気に誠報社で! と考えましたが、光害カットフィルターとIR改造と合わせると一気に5万円程の出費...。いけません、そんなことしたら新年早々財政破綻です。

ならば人件費ゼロの内製自作で!と考えるのが自分の哀しい性です。


早速EOS Kiss X3の改造に着手。
マニュアルカメラの分解・修理は何度もやったことはありますが、デジカメは初めてなのでネット上で紹介されている分解方法を色々と参考にさせていただきました。

自分への備忘録も兼ねてポイントを書きます。

工具は基本的に精密ドライバーですが、手元を照らすヘッドライトがあれば作業はし易いと感じました。いつも星見に使っているエナジャイザーのヘッドライトを使いました。このヘッドライトは赤色LEDモードがあり、単3電池一本で使えるもので星見では重宝しています。
s-RIMG0006_20120102232639.jpg

ファインダー横、底部、左右側面のビスを外し、液晶画面もろとも裏面を外します。
s-RIMG0007_20120103081315.jpg

緑の基板のコネクタを全部外し、ビスを外して基板を外していきます。
s-RIMG0009_20120103085337.jpg
左矢印の配線を外していますが、ここは白いコネクタ毎外れます。左コネクタを外してから基板をひっくり返して右矢印裏側にある白い幅広のコネクタを外せば基板は外れます(後で気付きましたが、基板外し前に、フロントのエプロン部と上面の軍艦部を外しておいた方が右上のコネクタを外し易かったです)

無事基板が外れました。
s-RIMG0011.jpg

ここでこなつの抱っこ要求が...。スリングに入れて作業続行です。お、重い(^^;
s-RIMG0015.jpg

フロントエプロン部分を外します。三箇所ビスを外し、底面のカメラネジをこじればあっさり外れます。
s-RIMG0018.jpg
エプロンを外すと内蔵フラッシュのコンデンサが出てきます。これにうっかり触ると感電&基板のIC損傷するので、極力フロント側の基板は手で触らないようにします。(実は自分もうっかり触って新年早々感電しました。壊れなくて本当に良かった)


上部の軍艦部を外さないとCMOSまでたどりつけません。
左右のカメラストラップ装着部そばのビスを外せば軍艦部は外れます。
s-RIMG0019.jpg

軍艦部が浮いた状態です。
矢印3箇所にCMOSの位置調整用のビスがありますが、ここは#7のトルクスねじになっています。
再組み付け時に映像素子位置が(ほぼ)同じになるように、何回転緩めたらネジが外れるかそれぞれ確認しながら外しました(後で気付きましたが、逆に締め付け方向に何回転させると底付きするか、を確認すべきでした。そちらの方が正確な筈)
s-RIMG0021_20120103091952.jpg

無事外れた映像素子ユニットです。
s-RIMG0022.jpg

4箇所の爪とビス1本で固定されているフィルタのフレームを外します。
s-RIMG0024.jpg

ローパスフィルターをセンサークリーニング回路毎外します。
s-RIMG0025.jpg

ローパスの後ろにある色補正フィルターを外します。接着剤で付いているのでマイナスドライバーとカッターで外します。
s-RIMG0032.jpg

フレームを組みなおして、あとは元通りに組み立てます。
s-RIMG0033.jpg
コネクタの挿し忘れに注意しながら慎重に組み立てます。


とりあえず試写。WBオートで真っ赤かですね。
s-IMG_6612.jpg
これだと恐らく赤カブリしてしまうので、追加フィルターを考えなきゃいけませんね。。

↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/03(火) 16:19:02|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ロードノイズ低減対策

エクストレイルのロードノイズ低減対策です^^↓
http://minkara.carview.co.jp/userid/159727/car/1009915/1743195/note.aspx


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:地味にコツコツやってます - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/01/02(月) 10:16:30|
  2. くるま
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KENYA

Author:KENYA
【camera】
Nikon FM3A
Nikon D80
Canon EOS Kiss X3
Canon EOS 6D
Asahi PENTAX SP

GPV & CURRENT MOON

CURRENT MOON

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる