DAYTRIPPER

KENYA's pics are opened to the public!

格安iPhone用携帯充電池

iPhone用の携帯充電池、いわゆるモバイルブースターを半自作しました。

いろんなメーカーからリチウムイオン電池を使ったものが出ていますが、4~5千円もするしUSB電源のみの用途となってしまうので、買うのを躊躇していました。

そんな時アキバで見つけたUSB電池ボックス140円(100均でも同様のものは売っています)。
s-RIMG0002.jpg


これにエネループ2本を装着しiPhoneを充電してみましたが、如何せん容量不足で満充電に至らず。。


容量不足となれば、ニコイチにして電池を2本から倍の4本にしちゃえ、ということで作業開始です。

先ずは、USB端子の入っているカバーを強引にこじ開け、
s-RIMG0004.jpg

増設する側の電池ボックスのUSB端子を基板ごと取り去り、電池ボックスを重ねてドリルで2箇所貫通穴を開けます。
s-RIMG0005.jpg

端子に適当な電線を半田付けして、
s-RIMG0006.jpg

親となる電池ボックスに電線を通して並列繋ぎになるように配線して半田付けします。
(直列も一瞬考えましたが、ここは無難に並列で^^)
s-RIMG0007.jpg
s-RIMG0008.jpg


あとは瞬間接着剤で背面を接着して完成。
s-RIMG0009.jpg

かかった費用は、電池ボックス140円×2個とUSBケーブル100円で380円と格安です。

充電してみましたが、残量10%から100%まで充電できました(但し1回が限度のようですね)
s-RIMG0010.jpg

家に20本くらいある単3エネループが使えるので潰しがきくのも良いところです(^。^)


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

  1. 2011/05/05(木) 22:03:58|
  2. HOW TO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

災害ボランティア@福島県いわき市

先週2日間、福島県いわき市に災害ボランティアに行ってきました。

会社のボランティア活動の一環です。

会社の工場がいわき市にあり、1ヶ月生産停止する程に被災をしましたが、震災直後に工場に復旧応援に行った社員が、沿岸部の惨状を目の当たりにしてボランティア活動を発起したのがきっかけです。

4月下旬にボランティアの募集が社内にメールで展開され、募集から2時間で定員の2倍になったとのこと。やはり皆の関心は高い。

自分はこの募集が無ければボランティア活動はやっていなかったと思うので、この機会を設けてくれた発起人の方に感謝です。
あと、正直なところ多少の野次馬心はありました。やはりこの目で未曾有の震災を見ておきたい。


出発前々日に説明会あり。
・活動は2日間。
・人の住む市街地の復旧は急ピッチで進んでいるので、あまり手の付いていない観光物産センター「ららミュウ」での活動。
・参加者60数名を6班に分けて一班10名程で作業。
・現地までの往復の足は、普段会社の拠点連絡用として使用しているバス2台。
・宿泊は工場従業員の住む寮。男はロビーで雑魚寝、女性は個室(まあ、しゃあないか)
・作業服・防塵ゴーグル・作業手袋・長靴等は個人で持参。
・自分の飲料と1日目・2日目の昼食も持参。
・1日目夕食・2日目朝食は寮で出して貰える。
・むやみに写真は撮らない。
災害ボランティアといえばテントで寝泊り&自給自足で被災地の物資を使わない、というのが基本だと思っていたので飯を出して貰えるのはどうかと思いましたが、その分身軽で行けるのでありがたいです。

当日、自分は常磐道守谷SAでバスに拾って貰い、一路いわきへ。


いわき勿来(なこそ)ICを降りて暫くはのどかな田園風景が広がりますが、沿岸沿いの道に出た途端に風景が一変します。
地震によって屋根にダメージを受けたのか瓦にブルーシートを被せた住宅が並び、浸水した家具や家電がうず高く集積されている場所が点在します。浸水して動かなくなった車もそのままです。

特に酷いのが道路。
沿岸部は埋め立てと思われ、地盤が緩いのか道路が大きく陥没していたり、大きくうねって湾曲している場所が多く見られました。その度にバスは減速してヨッコラショと段差を乗り越えて走行します。

小名浜港では巨大な漁船が船首を海面高くもたげ、船尾を斜めに完全に浸水させているような、ありえない光景を目の当たりにしました。タイタニックを彷彿とさせます。。

そしてららミュウに到着。
s-photo1_20110504155118.jpg

2メートル超の津波で建物は壊れなかったものの、内部は壊滅的被害だったそうです。ただし、瓦礫と化した大きな冷蔵庫や販売台や屋台は大方撤去されていました。
しかし、この場所でお土産の販売を生業にしていた方達や買い物客は無事避難できたのでしょうか。浸水して取り残された新潟ナンバーのクルマも駐車場に放置されたままでした。


敷石は津波で剥がされてしまったようです。
s-photo2_20110504155118.jpg


さて作業開始です。

先ずはゴミ拾いを実施。燃えないごみ、燃えるごみ、燃える大型のごみに分別して指定場所に捨てます。
その後、床面や建物内の溝に溜まっている泥や砂を取り除くのですが、土のうに詰めてやはり指定された場所に積んでいきます。
土のうにあえて詰めるのは、また将来起きるであろう津波や水害に使うのでしょうか?
しかしこの作業が一番きつかった。スコップで泥・砂を掻き出しますが、海水を含んでいて異常に重い。。

また、売り物だった魚やホタテ・カニ・ウニ・ビン詰め海苔が、溝や建物の奥から出るわ出るわ。しかも腐った状態なのでその異臭は半端じゃない。
マスクは気休め程度にしかなりやせん。。


3時間で一日目作業終了。
終了後いわきのボランティアセンターからミネラルウォーターが支給されましたが、600mlの見慣れないペットボトルだったのでよく見るとインド製。恐らくインドからの救援物資でしょうね。



再びバスに乗り、今晩の宿泊場所の工場の寮に到着。
s-RIMG0048.jpg

二階ロビーが我が4班10名の寝床です。
s-photo5.jpg

寝袋が支給され(しかも新品)、500円程度で夕飯のトンカツ定食も食えたし、サウナ付きの風呂も入れて至れり尽くせりでした。
こんなボランティアがあっていいのだろうか、、と思ってしまうくらい快適でした。
ただ、周りのイビキは凄かった、、耳栓持って行って正解でした(^^;



二日目。
昨日と同様に清掃作業を進め、午前中には建物の内部の清掃は完了(一部看板が崩れそうな危険な場所は手を付けませんでした)

午後は隣接する駐車場の清掃となりました。特に津波で汚れた場所では無い所もきれいにして午後3時には作業終了。

綺麗になったららミュウです。
s-photo3.jpg


たった二日間でしたが、心地良い疲労を感じながらバスに揺られて帰路につきました。

----------------------------------------------------------------------

このボランティアに参加して思ったことは、日本人ってやっぱり真面目だなぁ、ということ。

今回参加したメンバーは20代から50代と幅広い年齢層でしたが、最初に指示が出されたら皆無駄口を叩かず黙々と作業を進め、その場所が終わればまだ手付かずの場所を自主的に作業を始める。いちいち指示を仰がないし、「休憩して下さい」と言われるまで皆黙々と作業を続ける。
それはうちの社員だけではなくて、二日目の午後から合流した一般のボランティアの方々も同様でした。

当たり前と言われればそうなのですが、それを当たり前と思えるところが正に日本人の真面目な気質だと思います。

近年は一億総中流とは言えない程に所得格差が生まれ、情報が溢れて価値観もさまざまになっていますが、やはり根底にある日本人の真面目さという気質は失われていないんですね。少しホッとしました。



帰ってららミュウHPを見るとブログで紹介されてました。多少なりともお役に立てて良かったです^^
http://ameblo.jp/lalamew/entry-10876981861.html


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:災害復興 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2011/05/04(水) 16:55:18|
  2. Blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀塩写真 さくら

遅きに失しましたが、今さら銀塩カメラで撮った写真なんぞ久々にアップします(^^;

桜が満開の時期になると「何処かに桜の写真撮りに行かなきゃ」と思ってしまうのは、桜とカメラ好きの日本人のDNAでしょうか? 先々先週のことですが、桜写真を撮りに都内へ行ってきました。

クレートに引きこもるこてつをクレートごと車に放り込んで我が家お気に入りの北の丸公園へ。

s-IMG013_20110418232827.jpg
ここは上野公園のようにゴミゴミしていないので割とゆっくり桜が見れるし、写真が撮れます。
特に良いのが武道館の北側の田安門周辺の桜です。


s-IMG017_20110420001027.jpg
門の外には桜のトンネルもあり、千鳥ヶ淵の桜も少し楽しめます。
個人的には桜のトンネルって好きですね。桜の花びらを透過する柔らかい日の光が落ち着いた気分にさせてくれます。何となく温室に居る様な心地良さです。



s-IMG021_20110419002657.jpg

イチデジD80でバシバシ撮ろうと思いましたが、久々の銀塩FM3Aに手を焼いた奥さんにD80を貸したのが失敗でした。そのままD80は召し上げられ、自分がマニュアル銀塩カメラに手を焼くことに...。
でもマニュアルもたまにはもいいもんです。電気が無くてもカメラは動くしネガに光は焼き着きます。
震災で随分アナログな物が見直されていますが、外部エネルギーが無くても可動する物はイザというとき重宝しますよね。


s-IMG015_20110419002657.jpg

公園内のしだれ桜
s-IMG012_20110419003234.jpg


北の丸公園を見終わったのがお昼くらいだったので、目黒川界隈へハシゴです。
s-IMG028_20110419002657.jpg


ここは人の渋滞が出来る程混んでいたので余りゆっくり出来ませんでした。
川沿いの飲食店はかき入れどきとばかりに臨時のテラス席を作ってましたが、何処も満席でした。予約席もあったりして、特別料金取ってるのでしょうかね。

休憩時。左右対称こてこなw
s-IMG030_20110419002656.jpg

川というか溝ですよね。でも有名所とあって、なかなかキレイです。
s-IMG026_20110419002657.jpg


さてと、帰路に着きましたが、自宅近所のじゅん菜池公園は外せない、ってことでチョット寄り道。

ここは動物と桜のコラボ写真が撮れることで有名です、我が家では(^^;
s-IMG031.jpg


s-RIMG0072.jpg


亀と桜(何かめでたいでしょ)
s-RIMG0063.jpg

鴨と桜
s-RIMG0061.jpg

ワンコと桜(こてつ)
s-IMG036_20110502012936.jpg
西日の影が、ちょっと凛々しい感じに。


ワンコと桜(こなつ)
s-IMG039.jpg
もうちょっと可愛く撮れる筈だったんだが....スマンこなちゃん。


思い返せば毎年同じような写真を撮っているのですが、じいさんになっても桜が咲くとウズウズして写真を撮りに行っていると思います、きっと。


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/05/02(月) 01:52:34|
  2. Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

KENYA

Author:KENYA
【camera】
Nikon FM3A
Nikon D80
Canon EOS Kiss X3
Canon EOS 6D
Asahi PENTAX SP

GPV & CURRENT MOON

CURRENT MOON

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる