DAYTRIPPER

KENYA's pics are opened to the public!

原付修理

とても堅くて使いものにならなかった原付バイクのキックペダルを修理しました。単なる備忘録です。

問題のホンダ スマートDio(AF56)。1年以上前にヤフオクで千葉県内の業者さんから中古で買いました。
s-RIMG0027_20130506122806.jpg

震災用として帰宅難民にならないように、勤務先最寄駅に駐輪してあったもので、このGWに車に積んで持って帰って来ました(リアシートを外さないと積めなかったのでそれが大変でした。。)
photo_20130506134903.jpg

問題のキック。堅い上に一旦下がったら戻って来ません。手か足で渾身の力でやっと戻ります。
s-RIMG0028_20130506122809.jpg

エアクリーナーケースを外さないとプーリーケースが外せません。
エアクリーナーもかなり汚れてるので交換しなきゃね。
s-RIMG0030_20130506122812.jpg


外したプーリーケース裏側にキック機構が取り付けられています。
扇型のギアがキックペダルに直結していて、右側に付いているドリブンギヤを回す仕組みです。
このドリブンギヤはフロント側のプーリーを回すようになっていて、そのプーリーと同軸のクランクが回る仕組みです。s-RIMG0031_20130506122815.jpg
おそらくドリブンギヤの固着でキックペダルが堅くなっていると思われます。

ギヤデフォルト位置。組み上げる時に分からなくならないように写真に撮っておきます。
s-RIMG0034_20130506140107.jpg


ペダルシャフト外側のサークリップを外して、扇型のギヤごとシャフトを抜きます。
サークリップ外しは持っていないので、100均で買ったラジオペンチの先を円筒状に加工しました。
s-RIMG0036_20130506122928.jpg

バラバラになりました。
s-RIMG0037_20130506122931.jpg

パーツクリーナーで汚れを洗浄していきます。
s-RIMG0040_20130506122933.jpg

キレイになりました。
s-RIMG0041_20130506122936.jpg

あとはグリスを塗って(といってもグリスが無かったのでオイルを多量に注して)元通りに組み立てるだけです。
s-RIMG0042.jpg
ギヤのデフォルト位置は、ギヤを組み付けると自動的にこの位置になるので分解前の写真はあまり意味がありませんでした(^^;

さて元通りに組み上げて完成!
キックレバーの角度はキックし易いように、わざとかなり上向いた角度にしました。
s-RIMG0043_20130506123007.jpg

ところで、調整ができないペダル部分の角度ですが、かなり下側に傾いてしまっています。
これだとキックする足がペダルからずっこけやすく、非常にキックがし辛いです。
ヤマハはこの部分は違う構造になっていて下側に傾くことは無いのですが、今のホンダの原付は改善されているのでしょうか。
s-RIMG0044_20130506123242.jpg

さて、試しにキックすると勢い良くエンジンが掛かりました。ペダルの戻りも良好です(^^)v

↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/05/06(月) 14:27:11|
  2. HOW TO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウッドデッキ塗り替え

GW3日目。連休に入ってしまうとブログ毎日更新も可能ですw

今日は午前中こなつの通院後、ウッドデッキ再塗装のためにホームセンターに寄って塗料を買って帰りました。

ウッドデッキはたった3畳くらいの大きさですが、9年前に転職した時に1ヶ月半くらい働いていない時期があり、その時に自作で作ったものです。(あの頃は体力あったなー 笑)

作った当時。ウェスタンレッドシダーで作ったので赤みがかった木目がとてもキレイです。フェンスも全て手作りです^^
s-148_4826_20130428221406.jpg

9年後、こんな感じの劣化具合です。
s-RIMG0051_20130428222559.jpg
さすがに作製当時のフレッシュさはありませんがやはりウェスタンレッドシダー、9年経っても全く腐る気配はありません。

枯葉の掃除と雑巾がけを終えて、さあ再塗装!と思っていたところに 「私にやらせて!」と、うちの奥さんが参戦。これは渡りに船 とデッキ全面塗装をおまかせしました。
s-RIMG0052_20130428230653.jpg

こてこなも参戦です^^
page_20130428224312.jpg


自分はその間フェンスや枕木を再塗装しました。


日が暮れかかった頃、、、作業完了~!
s-RIMG0053_20130428222602.jpg

キレイに塗れたね!Thanks奥さん!

これであと2年は安泰です(^。^)


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/28(日) 23:12:10|
  2. HOW TO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見守りネットワークカメラ設置(カメラ本体編)

見守り、といっても星空ではなくワンコ用です(^^;
昨年のことになりますが、リビングにワンコ見守り用のネットワークカメラを設置しました。

きっかけは震災による計画停電と電力不足による突発停電に対応するためです。

我が家は日中ワンコに留守番させることが多いので、留守番中の様子が気になるのと、地震などで停電になってしまうと特に夏は大変なことになってしまいます。
冬であれば突然停電してもワンコにとっては問題ありませんが、夏の場合はエアコンが停電で止まってしまえば室内の温度が一気に上昇し、暑さに弱いワンコには命に直結する状況になってしまいます。

それで、外出先からワンコの様子が分かるようにすることと、エアコンをON/OFFをできるようにすることが至上命題となりました。


先ずはネットワークカメラを設置しました。

以前は立ち上げたままにしたパソコンにUSBカメラをつけて、LiveCapture2というフリーソフトでお手軽に部屋の様子を見ていましたが、今回はパソコン要らずでスタンドアローンで部屋の様子が分かるネットワークカメラにしました。

選んだのは、パナソニックのBB-HCM715です。
HCM715.jpg

これを選んだ理由はズーム・パン・チルト機能はもちろん、外部出力コントロール機能があることが決め手となりました。
この機能は外部接続機器のON/OFFがコントロールができるので、エアコンのON/OFFもできそうです。
ただし、アキバの最安店でも別売りのA/Cアダプターとセットで結構な値段でした。。
でも、背に腹は変えられません。えいやっ、と投資です、トホ(;´д`)

で、まずはカメラを設置します。
我が家はリビング放し飼い状態なのでリビングに付けるのは決まっていますが、問題は場所です。
最初はエアコンの動きも監視できるようにエアコンの傍に付けようと思いましたが、ワンコの顔が見づらい位置になってしまいます。
いろいろ考えたあげく、リビングに入るドアの上が最適と考えました。ここなら飼い主を待ってリビングのドアの方向をじっと見ているワンコ達の顔が見れるし、エアコンが作動しているのも分かる位置です。

設置方法は付属のスタンドもありましたが、天井から吊り下げる格好となり、しかもプラスチックで強度も心もとないので自作しました。

100均で売ってるブックエンドを使いました。
ドリルで木ネジ用の穴とカメラネジ用の穴を開けます。百円なので失敗を恐れず気楽にできます(^。^)
RIMG0025.jpg

開けた穴を使って、リビングのドア枠に木ネジ4本で固定します。
4本で固定すると結構強固に固定でき、これなら大きな地震が来てもカメラが外れることはないと思います、多分(^^;
RIMG0027.jpg

カメラねじで下からカメラ本体を固定します。写真では分かり辛いですが、ネジ長を合わせるために5mm厚程度の木の合板を台座のようにかませてあります。
RIMG0029.jpg

あとはカメラの接続と設定です。

接続は、A/Cアダプタで電源を取り、有線LANケーブルでカメラとルーターを繋ぐだけです。有線にせざるを得なかったのは、外部出力コントロールできる機種は限られていて、無線接続できる機種は無かったからです(確か)。
ま、有線の方が地震や停電でも何となく安心です。
但し、ルーターとカメラ設置場所が部屋の端から端になってしまったので、20mものLANケーブルが必要となりました。

次に設定です。
パナソニックでみえますねっとPROというWebサービスがありますが、月額料金がかかります。
月額料金がかかる上に、日本にサーバーがあるとしたら地震で最悪サーバーダウンということにもなりかねません。。
なので、海外の無料DNSサービス、DynDNS※を使うことにしました。(※但し、現在は新規登録は有料になっているようで、無料サービスが終わってしまっているようです...)

ユーザー登録をしてホスト名を決めてしまえばOK(だった筈)です(^^;
DynDNS_20120121172528.jpg


あとはカメラの設定です。
付属のCD-ROMをカメラと同じネットワーク上に接続されているパソコンに入れて、カメラにアクセスして設定を行います。

設定タブ→ダイナミックDNS→ユーザー指定ダイナミックDNS画面で、先程ユーザー登録した自分のダイナミックDNSのサーバーURLとユーザー名・パスワードを入力して設定します。
設定

設定完了~

スマホで家の外から登録したURLにアクセスすると、、見えました!我が家の こてつ です^^
(部屋の中は散らかっているので、残念ですが引き画面ではお見せできないです(^^;)
カメラ1

エアコンもちゃんと監視できます。
家の外からパン・チルト・ズーム操作をすれば、カメラの稼動範囲内は何処でも見れますが、予め見たいところを登録しておけばボタン一つで簡単に見ることができます。
カメラ2


いや~めでたし、と思いきや、まだ課題があります。。

DynDNSは、35日間IPアドレスの更新がないとアカウントを削除されてしまいます。
削除されると当然外出先からカメラにアクセスできなくなる訳で、役割を果たしません。

なので、IPアドレスが変わるたびにわざわざ自分でDynDNSのサイトに行って更新作業をしなくてはいけませんが、その作業を自動でやってくれるDiCEという有名なフリーソフトがあります。

これをパソコンにダウンロード&インストールして、週一回のIPの自動更新を設定してしまえば万全です^^
IP更新

無事設置できました~(^.^)b

次はエアコンを何とかせねば。


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

  1. 2012/01/21(土) 18:39:11|
  2. HOW TO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

格安iPhone用携帯充電池

iPhone用の携帯充電池、いわゆるモバイルブースターを半自作しました。

いろんなメーカーからリチウムイオン電池を使ったものが出ていますが、4~5千円もするしUSB電源のみの用途となってしまうので、買うのを躊躇していました。

そんな時アキバで見つけたUSB電池ボックス140円(100均でも同様のものは売っています)。
s-RIMG0002.jpg


これにエネループ2本を装着しiPhoneを充電してみましたが、如何せん容量不足で満充電に至らず。。


容量不足となれば、ニコイチにして電池を2本から倍の4本にしちゃえ、ということで作業開始です。

先ずは、USB端子の入っているカバーを強引にこじ開け、
s-RIMG0004.jpg

増設する側の電池ボックスのUSB端子を基板ごと取り去り、電池ボックスを重ねてドリルで2箇所貫通穴を開けます。
s-RIMG0005.jpg

端子に適当な電線を半田付けして、
s-RIMG0006.jpg

親となる電池ボックスに電線を通して並列繋ぎになるように配線して半田付けします。
(直列も一瞬考えましたが、ここは無難に並列で^^)
s-RIMG0007.jpg
s-RIMG0008.jpg


あとは瞬間接着剤で背面を接着して完成。
s-RIMG0009.jpg

かかった費用は、電池ボックス140円×2個とUSBケーブル100円で380円と格安です。

充電してみましたが、残量10%から100%まで充電できました(但し1回が限度のようですね)
s-RIMG0010.jpg

家に20本くらいある単3エネループが使えるので潰しがきくのも良いところです(^。^)


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

  1. 2011/05/05(木) 22:03:58|
  2. HOW TO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

HOW TO 庭の石敷き

DIYが割と好きなので、時間のある冬休みの間に「HOW TO」物を少しご紹介。
先ずは「庭の石敷き」。
5年前のイベントなので記憶が曖昧なところがありますがご勘弁を。

我が家を建てた当初、玄関のある西側の庭 (と言うか猫の額ほどのスペース) は、赤レンガを敷いてました。
自分で曲がった小道っぽくレンガを並べたのですが、長年の風雨で赤レンガは土を被りほとんど土色となってしまい、更には土が露出していて雑草も生え放題。。玄関からの眺めが非常に見苦しい。

ということで、ちゃんと庭石を敷こう!ということになりました。
10㎡足らずのスペースですが、ガーデニング業者に頼むとそれなりの費用になってしまうので自分でやることに。

先ずは材料の買い出しです。
最初はジュラストーンという乱貼り石が欲しかったのですが、高いのとシロートの自分が手を出すと収拾つかなくなりそうで諦めました。そこで決めたのがローマ平板という20cm四方の敷き石です。これなら少しは見栄えがいいかなと思い決めました。


色はイエローにして、1枚300円(くらいだった筈)で120枚位購入しました。
s-IMG_1319_20091230155313.jpg
我が家の小さいクルマに乗せて千葉ニュータウンのホームセンターから片道1時間くらいの距離を運びました。ふぅ~

あと石の下地に敷く川砂と縁に敷く枕木も買い、結局揃えた資材は以下。
●ローマ平板(20×20cm、イエロー) 120枚(位)
●川砂                  土のう袋×3袋
●枕木(2.5m、中古品)        1本
●セメント                  1袋
石割り用タガネ(工具)          1本

記憶が定かではありませんが、費用は全部で4万円くらいだったかな。


さて、施工開始です。
先ずは雑草を取り除きます(いきなり本人登場で恐縮.....毛づくろいしてるサルみたいだな。。)
s-IMG_0870_20091230155313.jpg


雑草が無くなりキレイになりました。
s-IMG_0871.jpg

次に既に敷いていたレンガを掘り起こして撤去します。これが意外とめんどくさい作業でした。
s-IMG_0873.jpg
外周をめぐらせた糸は、水糸といって水平を示す糸です。
この糸を基準に敷石の水勾配をつけます。

土を突き固めて平らにして勾配をつけて整地します。この作業が肝ですね。
固めて平らにしておかないと並べた石が凸凹になってしまいます。
右側に植えてあるハナミズキに向かって水が流れるように勾配をつけました。
s-DSC09860.jpg

次に枕木を加工します。
中古の枕木で、いい感じで縦に入っていたヒビにクサビを打って縦に割ります。
s-IMG_1321.jpg

ぱっくり割れました。
s-IMG_1323.jpg

必要な長さに切ります。
この頃まだ電動ノコを持ってなかったので全て手作業です(^^; あ~疲れるぅ
s-IMG_1326.jpg

石を敷く縁に枕木を埋めます。南側
s-IMG_1537.jpg

北側
s-IMG_1536.jpg


次に下地に厚さ3cm位で川砂を敷きます。
s-IMG_1546.jpg

さて石置きです。
1cm位隙間を開けて石を並べますが、木槌で叩きながら位置を決めていきます。
s-IMG_1551.jpg

1枚丸ごと敷けないような端は、タガネ(石を割る道具)とハンマーを使って石を割りますが、これがなかなか難しい。。
石の内部が均一じゃないので思うように割れないんだよね。
s-IMG_1561.jpg

こてこなも興味津々で見物中。
s-IMG_1554.jpg

並べた後、目地にセメントと川砂を1:5の割合で混ぜ合わせた空練りモルタルを入れていきます。
石の上に撒いたモルタルをほうきで掃いて目地を埋めていき、割り箸等で目地を突き固めます。
仕上げ面より1cm程度低く入れていきます。
s-IMG_1566.jpg
空練りモルタルで目地を埋めていきますが、水を使うのは最後だけなので固まりません。
ゆっくり安心して作業を進めることができますね。


いよいよ水でモルタルを固めます。
ジョウロでやさしく水を撒いていきます。
仕上がりが汚くならないように石の表面にも水を撒き、手早く雑巾やスポンジで拭いていきます。
s-IMG_1567.jpg

2~3日そっとしておいて、完成!

作業日数は延べ3日くらいで、割とお手軽にできる空練りモルタルでの石敷き方法でした。
ただし、この石敷き方法は強度が高くないので車が乗り入れる場所には適しませんのでご注意を!

そして5年経った現在の姿。(ちなみに猫は関係ありません。我が家でエサやりしてる外猫(去勢済)です)
s-DSC_0033.jpg
見事に色あせて土色です。。
何事も経年劣化には敵いませんねぇ。

↓最後までお読み頂き有難う御座います。ついでにポチッとやって下さいまし~

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/30(水) 22:10:13|
  2. HOW TO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KENYA

Author:KENYA
【camera】
Nikon FM3A
Nikon D80
Canon EOS Kiss X3
Canon EOS 6D
Asahi PENTAX SP

GPV & CURRENT MOON

CURRENT MOON

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる