DAYTRIPPER

KENYA's pics are opened to the public!

冷却ファン破損・恒久対策

3日前、星撮りに行った時、構図調整のためにカメラを回転させた時にビィィーーン!という音が

冷却ファンに一番近い3点ネジの一つを緩めようとした際に、指先が回転しているブレードに触れてしまったようです。
ブレードが折れてハウジングに引っ掛ってファンは止まってしまいました。。

自作改造時から数えてファンを壊したのは3回目でしょうか。


帰宅して壊れたファンの交換と恒久対策をすることにしました。
s-DSC_0008_20150429100209cb1.jpg

ファンをバラシます。
s-DSC_0010_20150429100211644.jpg

壊れたファン。ブレードの一枚が根元から折れていました。
s-DSC_0005_20150429100211ad7.jpg

交換用のファン。60mm角で厚さ10mmの超静音タイプです。
その向こうはファンガードです。これは以前から持っていたもので重量増が嫌で使っていませんでしたが、今回恒久対策として取り付けます。
s-DSC_0009_2015042910021384c.jpg

配線は残してファン本体だけ交換します。
s-DSC_0011_20150429104403122.jpg

小一時間で交換とファンガード取り付けは完了。
s-DSC_0012.jpg

ファンガードが付いたことで若干性能が落ちるかもしれませんが、次回撮影時に検証ですね。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:カメラ機材 - ジャンル:写真

  1. 2015/04/29(水) 10:49:02|
  2. 冷却改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

EOS Kiss X3冷却改造(7) 組立完了・最終テスト

長い道のりでしたが最終組立が終わりました。
s-RIMG0095.jpg

最初に計画した改造コンセプトとしては、
①カメラ重量を極力増やさない。
②冷却能力を可変にする。
③冷却しない場合は不要なユニットは分離できるようにする。
でした。

①②③は一応どれもクリアしたと思います。

①の重量ですが、マウントキャップ無し、BATT付き、LPS-P2フィルター付きの条件で718gでした。
EOS Kiss X3の公称重量は、530g(=本体:480g+BATT:50g)ですから、+188gのUPです。
ss-RIMG0157.jpg

②の冷却能力の可変は先に書いたとおりロータリースイッチでレンジを変えて、可変抵抗で連続可変できます。
s-RIMG0133.jpg

③の分離は、電源系はコネクタを設けて乾燥空気はチューブジョイントを付けました。
これにより冷却しない時はカメラ単体で使用できます。将来、別のカメラを冷却改造して取り付けることも可能です。
s-RIMG0101.jpg



全貌ですが、ひとつのプラボックスにカメラ本体・電源ボックス・乾燥空気ユニット・電源線とチューブのキットを収納できるようにしました。
s-RIMG0105.jpg

運搬時の状態です。
2つの温度計は、奥側で冷却銅板温度、手前側で外気温をモニタリングできるようになっています。
(運搬時はコネクタを外すので、冷却銅板の温度表示は-49.6℃になってしまいます)
s-RIMG0104.jpg

使用時の状態です。
電源ボックスは放熱を考慮してボックス上部に置いて使用します。
s-RIMG0094.jpg

さて、最終テストです。動画で撮りました。
雰囲気温度28.3℃、湿度53%で、冷却能力を試すには好条件です。
電源の能力設定は、手始めにロータリースイッチ4段階の最下段で可変抵抗MAXとしました。

エアーポンプの音がちょっとうるさいので今後の対策が必要になりそうです。

動画を元にグラフを作りました。
約5分で雰囲気温度に対し、マイナス22℃まで下がりました。
X3 冷却改造テスト
但し、冷却温度はCMOSセンサーそのものの温度ではありません。
余計な迷光を嫌ったのとスペースの制約でCMOSに測温部を取り付けるのは諦めたので、冷却温度はペルチェ裏の冷却銅版の温度を測っているにすぎません。

本当にCMOSセンサーが冷えて、ノイズが減少しているかの検証が必要です。
ダークファイルを撮ってみて、ノイズが減らないことには意味がありません。


冷却OFF 雰囲気温度28.3℃で、ISO3200・10分露出です。そのままのJPEG画像です。
s-IMG_5738.jpg

冷却ON 冷却銅版温度6.4℃で、ISO3200・10分露出です。
s-IMG_5739.jpg

中央部の300×300ピクセルをそのまま切り出しました。
ss-IMG_5738-39.jpg

かなりノイズは抑えられていることが確認できました。


また、気になるCMOSセンサーへの結露の状況ですが、キャップを開けてセンサーを確認する限りは結露はありませんでした。
s-RIMG0139.jpg

但し、暫くすると結露してセンサー表面が曇ります。
s-RIMG0136.jpg
これはLPS-P2フィルターを外して湿った空気にセンサーが触れたため、曇ったものと推測します。つまり乾燥空気は効いていそうです。


やっと仮免許をもらえた感じがします。次は路上教習です。
実際に撮ってみてマトモに写るかが肝心です。



↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:カメラ機材 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/22(日) 00:36:57|
  2. 冷却改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

EOS Kiss X3冷却改造(6) 迷光対策

各部の部品仕様は決まりましたが、組み立てて実用に耐えうるものになるかが一番の問題です。
もう一度仮組みして迷光の入り具合を確認します。
組立・バラシは多分20回以上やったので、慣れました。

蛍光灯が点いている明るい部屋の中でマウントキャップを付けてISO3200で120秒露出しました。(冷却はOFFです)
s-IMG_5692.jpg

やはり盛大に迷光が入って来ます。

先ずは冷却銅版のペルチェ素子とイメージセンサーに接触しない部分は、モルトプレーンで覆ってスリットから入る光の遮光と断熱による結露防止をすることにしました。
昔、古い銀塩カメラの修理に凝ったことがあって、その余りが手元にあったので好都合でした。
s-RIMG0072_20140611222150f56.jpg


また、最後の組み立てに入る前にイメージセンサーと冷却銅版の熱伝導を考える必要があります。
イメージセンサーを冷却銅版に固定しようかとも思いましたが、CPUファンの振動による画像乱れの可能性もあるので、特に固定はせず、冷却銅版をセンサー背面と基板の間に差し込むだけにしました。

差し込む銅版に9.0W/m・Kの熱伝導グリスを塗ります。
s-RIMG0108.jpg

たっぷりグリスを塗りたくります。センサーと銅版の間に空気が入るよりはマシです。
s-RIMG0109.jpg

1mm以上の厚みがあります。
s-RIMG0111.jpg

迷光対策の仕上げですが、どうしても埋められない隙間は防水シールで強制的に塞ぎます。
s-RIMG0112.jpg

乾燥空気注入チューブの周りに塗ります。
s-RIMG0113.jpg

冷却銅版を差し込むスリット部にも塗ります。
s-RIMG0115.jpg

組み上がった後で同条件でチェック。
s-IMG_5693.jpg
まだ若干の迷光が分かります。

ただこれは、改造により左サイドのコネクタカバーが無いことが原因と分かりました。
もはやカバーは付けられないので、黒いテープを貼って対応しました。

やっと形になりそうです。


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:カメラ機材 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/16(月) 23:49:35|
  2. 冷却改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EOS Kiss X3冷却改造(5) 結露防止

次は冷却改造に付いて回る課題、結露です。

自作冷却改造では、イメージセンサーの冷却に成功しても結露や迷光対策が上手く行かず断念してしまうことが多いということを聞いたことがあります。慎重に対策したいものです。

結露対策(防露)には2とおりの方法があるようです。
一つは乾燥空気を強制的にカメラ内に圧送する方法。もう一つはイメージセンサーの前のフィルターを電熱線で温める方法。

自分は前者を選択しました。
理由は、センサーの手前のフィルターは天体改造で全て除去していたのと、せっかくセンサー背面を冷却してもセンサー前面を温めるということに少なからず抵抗を感じたからです。
また、元々電源は別体にするつもりだったので、乾燥空気を圧送するユニットが別体であっても全体のレイアウトに大きな影響が出ないと考えました。

圧送は携帯用エアーポンプを探して購入しました。単一乾電池2本で作動します。
s-RIMG0150.jpg


乾燥空気は、多くの方がやっているように密閉した容器にシリカゲルを入れて作ります。
ポンプから湿った空気は容器上部から入ります。乾燥空気の吐出は容器底部まで差し込んだパイプから抜けるようにしています。湿潤空気より乾燥空気の方が重いのでこの構造にしました。
s-RIMG0151.jpg


カメラへの乾燥空気の注入場所には悩みましたが、フロントエプロンからチューブを差し込むことにしました。
フロントエプロンの左下の角に穴を開けました。
s-RIMG0074_2014061323591406e.jpg

穴と同径のチューブを差し込みます。
s-RIMG0076_201406132359150a4.jpg

カメラ内部では、センサー横に多孔のノズルを付けて、願わくばまんべんなくセンサーに乾燥空気が当たるようにしました。
s-RIMG0085_20140613235916696.jpg


さて、効果の程は全てが完成してテストしてみないと分かりませんが、これで結露防止のシステムとしました。

最終組み立てまであと少しです。

↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村



テーマ:カメラ機材 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/14(土) 22:45:38|
  2. 冷却改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

EOS Kiss X3冷却改造(4) 電源系

カメラの冷却系が決まったので次は電源系を煮詰めます。

電源キットはロータリースイッチと可変抵抗を付けることでスペック的には1.2V~20Vの直流電流が出力できます。

ロータリースイッチと可変抵抗やスイッチを回路に組み込みます。
s-RIMG0066.jpg


手狭ですが、ちょうど家に転がっていた中古の50mm×80mmのスイッチボックスに回路を押し込みます。
s-RIMG0068.jpg


結構ギュウギュウに回路を押し込んで、蓋をしました。
s-RIMG0070.jpg

側面のスイッチ付きの電源ジャックにバッテリーから電源投入します。このスイッチをONにすると、カメラのCPUクーラーファンが回るようにしました。
手前の黒いツマミがロータリースイッチで、奥が可変抵抗です。ロータリースイッチは4段階切り替えです。
そしてトグルスイッチはONにするとペルチェ素子に通電するようになっています。


このレイアウトで何度かテストを繰り返しましたが、回路内のレギュレータから発する熱が半端ないことが分かりました。

冷却しなければなりませんが、キットにヒートシンクが付属していたのを思い出し、ヒートシンクにタップを立ててボックス内側からビスで固定できるようにしました。
s-RIMG0071.jpg


レギュレータの放熱面にヒートシンクが背中合わせになるようにレギュレータ位置を変更し、更にジャンク購入したCPUファンを背負わせました。
s-RIMG0097.jpg


カメラの放熱も大変ですが電源の放熱も必要とは...。

でも、とりあえずこれで電源は仕様が固まりました。


↓ポチッとよろしくお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/12(木) 23:57:46|
  2. 冷却改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

KENYA

Author:KENYA
【camera】
Nikon FM3A
Nikon D80
Canon EOS Kiss X3
Canon EOS 6D
Asahi PENTAX SP

GPV & CURRENT MOON

CURRENT MOON

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる