FC2ブログ

DAYTRIPPER

天体写真を中心に気ままに更新していきます。

発電機 防音ボックス

8年前の震災がきっかけで購入した発電機。

まだまともに使用したことはありませんが、来たるべき関東大震災や南海トラフ地震では必ず使用することになると思います。

ただし、住宅街で使用するのは躊躇するくらいの作動音なので、梅雨時自作の第二弾ということで防音ボックスを作りました。


安価で単純な構造になるよう発電機を上から被せるタイプにしました。

ホームセンターで買ったMDF材をカットしてもらい、内側にゴムの断熱・防音シートを貼っていきます。
image8_201907281443587f0.jpeg

MDF材は、いわばダンボールを圧縮したような木材に似た材料ですが、節とか木目が無いので均質で加工が楽です。
image2_20190728144349855.jpeg



排気用のファンを付けてレイアウトを決めていきます。
image9_201907281444007ff.jpeg

image11_20190728150723133.jpeg


排気室にはマフラーのリペアキットとして1500円くらいで売られているグラスウールを突っ込んでおきます。
image10_20190728144401e14.jpeg



途中写真を撮るのを忘れましたが、、、、

完成しました。材料代は1万円くらいだと思います。
image1_2019072814434806d.jpeg
吸気口には住宅用のレジスターを使いますが、フタを外せばエンジンスイッチやECOスイッチが操作できる位置に配置しました。


背面。
image3_201907281443517ae.jpeg

ファンがついています。一個で足りなければ増設予定です。
image5_201907281443549f0.jpeg

発電機本体との比較。極力コンパクトにしましたが、重量は11.5kgあります。
image4_2019072814435298f.jpeg

内側。上側が排気室です。
image6_20190728144355ae2.jpeg


性能テストです。動画で撮りました。前半標準運転で、後半ECO運転です。


防音性能は問題ないと思います。

あとは連続運転時の耐久性ですが、今度遠征時に持って行って試してみようと思います。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:カメラ機材 - ジャンル:写真

  1. 2019/07/28(日) 15:31:10|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新旧フード

全く晴れないので以前からやろうと思っていたフードを新作しました。

鏡筒径が28cmあるので旧型はレジャーマットに黒植毛紙を貼っただけの単純で粗末なものでしたが、今回は吸湿性と遮光性改善も考えて巻きダンボールを使って遮光環も付けました。


しかし旧型(左)酷い...
image3_20190714111305af9.jpeg

image2_201907141047120ba.jpeg

ありものと100均素材を駆使したので2千円ちょっとでできました。

重さは200gが360gになってしまいました。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/07/14(日) 10:54:47|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

VX10改造

令和おめでとうございます。

令和でも末永く使えるようにVX10を改造しました。

今までは英オライオン標準の2インチ・減速装置付きのクレイフォード式接眼部でしたが、
全体的に華奢なのと迷光対策不十分につき、旧R200SSのラックアンドピニオン接眼部を入手して交換着手しました。
今までスパイダーマスクや主鏡爪マスクは追加して来ましたが、後戻りできない改造は初めてです。


先ずは鏡筒に同心円の穴を開けるためのツール作りです。
板厚40mm弱の板をΦ70のホールソーでくり抜きます。
20190501103501734.jpeg


使うのは内側の円筒部分です。
鏡筒の穴にピッタリ入るように外径を紙ヤスリで調整しつつ、外周を滑らかに整えます。
20190501103502fb4.jpeg

Φ80のホールソーに、出来た木の円筒を装着してツール完成です。
20190501103510e72.jpeg

さて、接眼部を外して、意を決して穴を広げる工程です。
なお、斜鏡と主鏡は装着状態で加工しました。
全部外すと何が光軸のデフォルトか分からなくなるので…。
しかし、鏡筒にホールソーが突き立てられてる絵はシュールですね
20190501103505e53.jpeg

削り始め。アルミ鏡筒ですが中々削れません。
もう後戻りもできません、片道切符です 笑
20190501103506515.jpeg

無事穴は貫通しましたが、位置が上手く出ず接眼部のベースの方をリューターでガリガリ削りました。
20190501103507bcf.jpeg

途中写真撮るの忘れました。
ボルト穴を開けて接眼部装着しました。
接眼部と鏡筒の隙間は黒いコーキング剤で適当に埋めます。
レーザーコリメーターで光軸を合わせて完成です (^-^)
20190501103508420.jpeg

これで多少は重いカメラ付けても大丈夫かな?


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/05/01(水) 12:04:13|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

浅草へ

今週末在庫の画像処理をしようと思っていたのですが、なぜか処理しようとしたRAWデータがステライメージで全く開けなくなりました。。
Kiss X3なので最新機種でもないのに「ファイルが読み込めません」のメッセージが、、
CameraRawでは開けるのに、DPPでは開けなかったり、、
SI7をアップデートしたり、SI6をひっぱり出してトライもしましたがダメでした、、スタートで頓挫して今週は諦めました...

時間ができたので浅草に行ってきました。
IMG_3996.jpg

浅草寺の近くにハヤタ・カメララボさんがあります。

IMG_4029.jpg

奥さんからのお下がりのEOS6DのIR改造は自分でやろうかと思っていましたが、AFが使えなくなって普段撮りには不向きになってしまうので、今回はハヤタ・カメララボさんにHKIR改造をお願いしていました。

2週間程で改造が終わったので取りに行って来ました。


出来上がった6Dに早速昔のフィルムカメラに付いていた古い標準レンズを付けました。
IMG_4054.jpg


日曜に隣町の古民家カフェで普段撮り試写。
7583936480_IMG_8700.jpg

ホワイトバランスのマニュアルモードを赤カブリしないような設定にしてくれているので全く支障ないですね。


古民家カフェはハチミツと4種のチーズピザが美味しかったです。
7583936480_IMG_8702.jpg

ちょっと写欲が湧いてきました。いいレンズが欲しいですね


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:カメラ機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/10(日) 23:24:17|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

EF24-105mm F4Lの修理

EF24-105mm F4L IS USMを修理、というか調整をしました。

ズームリングが緩くなってしまって、下を向いて撮ろうとするとレンズ自重でズームがテレ側に伸びてしまい、逆に上に向いて撮ろうとするとワイド側に縮んでしまいます。
ズームのロックも無いので肩にカメラぶら下げると、気が付くとテレ側に伸びてしまってます。
image1.jpeg

銀座のキャノンサービスセンターに持って行きましたが、調整には時間もお金も結構かかるとのこと。
買って5年も使い倒しているので、調整可能か思い切ってバラしてみました。

リヤフランジを固定しているビス4本を外します。
image2.jpeg

フランジが浮くので、フランジ外周にあるシールリングを外します。
image3.jpeg

後ろ玉の外周にある黒い樹脂のカバーを後ろ方向に外します(爪で固定されているので力を入れると外れる。ここが一番難関?でした)
image4.jpeg

リヤフランジと樹脂リングを外すと電子基板が見えます。
image5.jpeg

フレキケーブルを全部抜きます。
image6.jpeg

ビス1本緩めると基板が外れます。
image7.jpeg

ズームリング上面が見えるようになり、ズームリングに付いているブラケット(レバー?)を外します。
image8.jpeg

ビス2本を緩めて外したブラケットです。
image9.jpeg

ズームリングを時計回りに廻して、ズームリングにある3か所の切り欠きと本体爪の位相が合えばズームリングを上方に引き抜くことができます。
image14.jpeg

外すと本体側にエプトシーラー モルトプレーンのような黒いスポンジが貼ってありますが、この部品でフリクションを稼いでいるのでしょうか?
image10.jpeg

よく分からないのでズームリングのハマっている本体外周にテープを巻くことにしました。
最初普通のセロファンテープを貼りましたが、薄くて全くフリクションが変わらないので、厚めのビニルテープを2重で巻きました。
image12.jpeg

元通りに組み立てます。
image13.jpeg
ズームリングを回し始める瞬間に若干の重さを感じますが、自重で前玉が動くことは無くなりました。
とりあえず完了です。


(本記事はあくまで私の勝手な調整方法で、単なる備忘録なので、くれぐれも真似をされないようにして下さい)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

テーマ:カメラ機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/05(日) 23:43:14|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

KENYA

Author:KENYA
【camera】
Nikon FM3A
Nikon D80
Canon EOS Kiss X3
Canon EOS 6D
Asahi PENTAX SP

GPV & CURRENT MOON

CURRENT MOON

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる